高嶋政伸の離婚裁判に学ぶ「失敗しない離婚の方法」 - カウンセラーが回答

写真拡大

総合探偵社「MR」は9日、同社所属の離婚カウンセラーを対象に、高嶋政伸の離婚裁判をテーマとしたアンケートを実施。

「失敗しない離婚の方法」についての調査結果を発表した。

「今回の離婚騒動をプロの目線からどう思うか」との質問では、「スピード婚/結婚への理解度が低かった結果」が30%で1位。

「両者に責任、問題があった」が26%で2位、「プライドとお金など欲と執着が問題」が11%で3位だった。

その他の回答内容では、「強烈な憎しみの内面が見え隠れする」「主張のためには証拠が必要。

それがないためにドロドロになったのでは」「高嶋政伸さんに同情」「高嶋政伸さんの見る目がなかった」「パートナーの横暴に苦しむ一般人も多いのでは」などがあがった。

「問題を長引かせない離婚解決法はあるか」との問いには、「離婚理由となる証拠を持つ」が32%で1位。

以下「感情的にならず、お互いに歩み寄る」(28%)、「結婚時に書面作成し、未然に防ぐ」(24%)となった。

その他の回答では、「妻の性格を考え怒らせないように導くべき」「不用意な言動が自身の首を絞めることになるので、興奮したり、相手の誘いに乗ったりしないようにする」「特に金銭的な面であれば、収支を明らかにする」「ごまかし、うそをなくす」などがあがった。

「離婚成立後に起こりやすい問題と対処方法」についての問いには、「慰謝料、養育費などの未払い」が53%と半数を越えた。

以下「財産分与」「ストーカーや嫌がらせ行為」が13%で並んだ。

その他の回答には、「相手の所在不明」「子供との面接権」「離婚成立後の浮気発覚」などがあった。

また、こういったトラブルへの対処方法については「公正証書を作成する」「専門家を介入させる」などがあがった。



続きを読む