東洋水産「マルちゃん正麺」、発売1年で累計出荷数2億食突破!

写真拡大

東洋水産は2011年11月7日に発売した即席袋麺「マルちゃん正麺」シリーズが、2012年11月5日に累計出荷数2億食を達成したことを発表した。

同商品は特許出願中の新技術、「生麺うまいまま製法」を採用。

麺は油で揚げず、切り出した生の麺をそのまま乾燥しているため、乾燥麺でありながら生の麺本来の味となめらかでコシのある食感が楽しめるという。

同社によると、発売当初の年間の売り上げ目標は1億食。

しかし、予想を上回る出荷が続き、2012年5月より1ライン増設して合計2ラインでの生産体制を実施。

販売目標を2億食に再設定した。

供給体制が強化されたことで販売に弾みがつき、2012年6月には当初の目標である1億食を達成した。

さらに、8月に「塩味」がラインアップに加わったことでブランド力が一段と強化。

発売当初の1年間で、「2億食」の目標を達成したという。