ソニー、47都道府県のヘッドホン女子が踊る「ヘッドホン女子47」

写真拡大

ソニーマーケティングは11月9日より、重低音ヘッドホン「EXTRA BASS」の新プロモーションの一環として、「ヘッドホン女子47」プロジェクトを開始した。

「ヘッドホン女子」とは、男性的なデザインの“ヘッドホン”を身に付けた女性のこと。

同プロジェクトは、全国47都道府県出身のヘッドホン女子総勢47組が、「EXTRA BASS」のオーバーヘッドバンド型ヘッドホンを装着。

ヘッドホンをしたまま、郷土愛にあふれたダンスを披露するダンスムービーを公開する企画となっている。

ダンスの振り付けは、世界的に活躍する振付師・仲宗根梨乃さん。

AKB48をはじめ、有名アーティストの振り付けを手掛けている。

彼女たちが踊る「EXTRA BASS」オリジナルダンスは、アヴリル・ラヴィーンの名曲“What The Hell”をバックミュージックに踊る、「EXTRA BASSコンセプトムービー」をコピーした作品となっている。

ムービーは、YOUTUBE ソニーヘッドホン公式チャンネルで公開。

また、プロジェクト開始と同時に、ソニーヘッドホンの魅力を発信するサイト「The Headphones Park」では、スペシャルサイト「ヘッドホン女子47 meets EXTRA BASS」をオープン。

このサイトでも、ダンス映像を公開している。