欧州経済が再び悪化、でもECBは冷たい態度… 世界経済の急回復は期待薄で、投資家は我慢の時期

写真拡大

【今回のまとめ】
1.オバマ大統領が再選され議会との「ねじれ」状態が続くことが確定
2.投資家の懸念は「財政の崖」の議論に移っている
3.それに加えて欧州経済に対する懸念も再燃
4.ドイツは輸出から内需へのシフトを迫られる
5.欧州中央銀行は様子見を決め込んでいる

米国は”ねじれ”の継続で「財政の崖」がいよいよ心配に

 先週(11月5日〜9日)は、米国で大統領選挙ならびに上院・下院選挙が行われ、民主党のバラク・オバマが再選されました。また上院は民主党が過半数を占め、下院は共和党が過半数を獲得しました。これにより「ねじれ」の状態が続くことが確定しました。

 市場関係者は諸々の景気支援のための臨時措置が今年の年末で終わってしまう、いわゆる「財政の崖」の問題を心配しはじめています。このため週間ベースでS&P500指数は−2.4%下落しました。

欧州経済の懸念も再燃

 先週は、これに加えて欧州の経済に対する懸念も再燃しました。そのきっかけとなったのは欧州委員会が半年に1回発表する経済見通しの報告書です。そこではドイツのGDP見通しがバッサリと下方修正されました。下図は、ドイツのGDP成長率の予想です。

 今はドイツだけでなく世界全体の景気がよくないので、2010年以降、ドイツが取ってきた輸出を頼りにした経済成長の維持という戦略がだんだん難しくなってきています。

 このため欧州委員会は「ドイツがもっと内需振興に政策をシフトすることで難局を乗り切るべきだ」という提言をしています。欧州委員会のシナリオでは、下のグラフのように2012年以降は内需(青)のGDP成長への貢献度が高まり、輸出(緑)の重要性が比較的低下すると予想しています。

 欧州委員会がドイツにこのような予想を示すのには、理由があります。

※「世界投資へのパスポート」米国大統領選関連記事
・オバマ大統領が再選なら、米国株式市場はネガティブ!その2つの理由
・米大統領選と株式市場の「ジンクス」とは?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)