写真は、モスライスバーガー「豚角煮」

写真拡大

モスバーガーを展開するモスフードサービスは2012年11月13日、「モスライスバーガー」シリーズから、冬が旬の国産根菜を使用した「野菜かきあげ(ごぼう・にんじん入り)」と、豚の角煮を使用した「豚角煮」を、2013年3月中旬までの季節限定で発売する。

甘さと食感生かした「野菜かきあげ」も

モスライスバーガーは、バンズ(パン)の代わりに、ご飯を焼き固めたライスプレートを使い、ご飯に合う総菜をはさむ「お米のバーガー」として誕生したシリーズだ。

「野菜かきあげ」(300円)では、国産のごぼうとにんじんを食べやすい大きさにカットし、野菜本来の甘さと食感を生かしたかきあげにし、その上からオリジナルわさびのりソースをかけてライスプレートではさんでいる。わさびのりソースは和風だしにしょうゆ、のり、くきわさびを加えた和風ソースに仕上げた。

一方「豚角煮」(350円)は香ばしいご飯に合うように、肉をしょうゆ、砂糖、みりんで甘辛くシンプルに味付けしたボリュームのある豚角煮と、彩りのよいほうれん草をライスプレートではさんでいる。豚角煮は、高圧釜で調理することにより、肉本来のうまみとおいしさを逃がさずに、「とろりとした優しい食感に仕上げた」という。