使用イメージ

写真拡大

サンコー(東京・千代田区)は2012年11月7日、スマートフォンでパノラマ撮影ができる乾電池式自動回転雲台「360度パノラマ撮影雲台」を発売した。価格は、1980円。

2種類の回転モード

スマートフォンでパノラマ撮影をしようとすると難しいのが「カメラを動かすスピード」と、その際の「手ブレ」だ。今回登場した「360度パノラマ撮影雲台」では、本体にスマートフォンをセットしてスイッチを押せば、単4乾電池2本の動力で本体が自動で360度回転する。本体は一定の速度で回転し、自動で停止するほか、スマートフォンはホルダーで固定されているので、手ブレの心配も無いという。

回転モードには、約55秒かけて1周して回転が停止する「通常回転」と、1周が約23秒で本体が約5分間回転し続ける「連続回転」の2種類がある。

サイズは幅92×奥行き92×高さ92ミリ、重さは185グラム。本体底面には三脚穴も搭載した。