マネーのトリビア (33) 「ホールディングス」とついた会社名、”ホールディングス”って何の意味?

写真拡大

「ホールディングス」というのは「持ち株会社」を意味しています。

持ち株会社には2パターンあるのですが、一般的にホールディングスとつくのは、その会社自身は事業を行わない純粋持ち株会社です。

大きな企業の場合、いくつかの企業がグループを作っていることがよくあります。

そのグループ全体を統括しているのが持ち株会社です。

持ち株会社は、その名前のとおりグループ会社の株を保有していて、それらの株から得られる配当を収入源としています。

特に金融機関は「○○フィナンシャルグループ」という金融持株会社の形をとって、傘下に銀行、証券会社、消費者金融会社、クレジットカード会社などの子会社を持つケースが多くなっています。

持ち株会社のメリットはいくつかあります。

1つは役割を分担できることです。

グループ内の各事業会社は自分自身のビジネスに集中し、持ち株会社はグループ全体の方向性や経営戦略を考えることによって、経営が効率化できます。

持ち株会社が機動的な意思決定や経営判断を行っていくことは、変化のスピードの速い今の時代に合っているといえます。

もう1つは、企業の再編がしやすいこと。

グループ外の事業会社を買収するときは、そのまま子会社にしてしまえばいいし、グループ内に新しい子会社を作って新規事業に参入するといったこともできます。

企業どうしが合併するときも、まず持ち株会社を作ってグループ会社になってから、調整を重ねて合併するという流れにすれば、社風の違う会社がいきなり1つになるのに比べてスムーズです。

事業会社は独立採算ですから、いい意味での競争意識が働き、業績の向上が図れるということもあるでしょう。

また、事業内容によって人事制度や労働条件などが違うケースにも対応できます。

その反面、持ち株会社がリーダーシップを発揮してグループ会社を引っ張っていくことができなかった場合、グループ全体が共倒れする可能性もあります。

なお、持ち株会社は、会社名に「ホールディングス」をつけなければならない、ということはないので、ホールディングスとついていない持ち株会社もあります。