”激安”で「ラーメン屋」を開業するにはどうすればいい!?

写真拡大

ラーメン屋さんは儲かるのでしょうか? チェーンの激安店が1杯290円といった金額でラーメンを出す時代ですが、一方で「人気行列店」が大繁盛といったことも。

ラーメン屋を開いて元が取れるかを考えてみました。

ラーメン屋さんを開業したいという希望を持っている人は多いようです。

「ラーメン屋を始めるには」といった本も多くあります。

それらによると「開業資金は1,000万円以上を用意すべき」、あるいは「1,000万円はかかる」と書かれています。

確かに、何も造作のない、スケルトンの状態の賃貸物件を借りて、思うままに内装工事を行い、厨房設備も新しく揃えるということになると、これは高くつきます。

1,000万円の資金が手元にないと開業できないでしょう。

これを「松」プランとしましょう。

松プランにかかる経費は以下のように計算します。

例として、賃料22万5,000円/月の物件(礼金2カ月/敷金2カ月)を考えます。

松プラン物件取得費用 : 22万5,000円×6カ月分(礼金2+敷金2+家賃1+不動産屋1) = 135万円内装工事費用 : 300万円外装工事費用 : 100万円厨房設備工事費用 : 200万円空調設備、レジ設備など工事費 : 100万円什器類(備品)購入費用 : 100万円その他 : 50万円合計:985万円中堅不動産屋の営業マンに聞いたところ、「スケルトン物件で設備、内装を一からすると、初期費用で少なくとも500万円程度はかかる」とのことです。

手っ取り早く開業するという激安プランも考えてみましょう。

「居抜き」という、そこで営業をしていた飲食店の内装などをそのまま受け継いで店を出す方法はどうでしょうか。

賃貸物件はスケルトンにして不動産屋に戻すのが原則ですが、それをしないで済む分、前の借り主は助かりますし、こちらも造作をしないで済む分出費がありません。

ここで気をつけたいのは、設備が無料譲渡されるかです。

別途、譲渡料を取られることがないか確認が必要です。

最近は、「居抜き」物件などもネットで検索できるようになりました。

例えば、『飲食.com』では店舗探しが簡単にできます。

試しに探してみると、浅草の小料理屋をやっていた居抜き物件で譲渡料無料、礼金2カ月、敷金2カ月、賃料92,400円という物件がありました。

自分の条件に合う安価な物件を見つければ、「とりあえず開業」というのはできそうです。

家賃がざっくり10万円として、礼金2+敷金2+家賃1+不動産屋1として物件取得で60万円。

什器類はまとめて15万円としましょう。

看板なんか自分でやる! ということでしたら予備費も足して計100万円の資金で開業できるでしょう。

このとりあえず開業を「梅」プランとしましょう。

梅プラン物件取得費用 : 10万円×6カ月分(礼金2+敷金2+家賃1+不動産屋1) = 60万円内装工事費 : 0円外装工事費 : 0円厨房設備工事費 : 0円空調設備、レジ設備など工事費 : 0円什器類、備品購入費 : 15万円その他 : 25万円合計:100万円前述の営業マンの話では「現在、ラーマン屋、焼き鳥屋など、開業したい人はたくさんいるようで、居抜きの物件は人気。

逆にスケルトンの物件はテナントを見つけづらいようです」とのことでした。

ラーメン屋を運営するのにかかる経費はどのくらいでしょうか。

自分の1人でお店をやって、とりあえず人件費は0とし、利益が出たらそれを取ることを考えます。

ラーメン屋を実際に生業(なりわい)としている人から「月々、水道代が7,000円、電気代が7万円、ガス代が8万円」であると聞きました。

この方は商店街で10坪ほどのお店を営んでいます。

松プランでは10〜15坪、梅プランでは10坪未満を想定していますので、ざっくりとした計算になりますが、この数字をこのまま当てはめてみましょう。