ホクト、肉厚で形が崩れにくい新品種きのこ「霜降りひらたけ」を開発

写真拡大

ホクトは9日、同社きのこ総合研究所にて新品種きのこ「霜降りひらたけ」(ヒラタケ属新品種)の開発に成功し、特許出願および品種登録出願を行ったと発表した。

「霜降りひらたけ」は、日本産ヒラタケと、エリンギなどヨーロッパ産ヒラタケ属との交配育種により開発した新品種きのこ。

遺伝子組み換えなどの技術は一切使用していない。

すでに商標登録も出願済み。

新品種の傘にはきれいな霜降り状の模様があり、外観はヒラタケに、歯ごたえはエリンギに似ている。

一般のヒラタケに比べて傘が肉厚で形が崩れにくくなっている。

また、従来のきのこと同様、低カロリーであり、幅広いジャンルの料理に合わせて使用できる。

日本産ヒラタケは、平成元年頃には現在のエリンギと同等の生産量があったが、流通過程で傘が割れやすいことや調理した時にも形が崩れやすいといったことから、年々生産量が減少していた。

今回開発された新品種はそれらの欠点を解消した、従来のヒラタケとは一線を画す新品種となっているという。