●Karma

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)GoRA・GoHands/k-project
(C)King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

TVアニメ「K」がMBS、TBS、AT-Xその他から放送されています。
<キャスト>
伊佐那社:浪川大輔
夜刀神狗朗:小野大輔
ネコ:小松未可子
周防尊:津田健次郎
宗像礼司:杉田智和
櫛名アンナ:堀江由衣
草薙出雲:櫻井孝宏
八田美咲:福山潤
鎌本力夫:中村悠一
淡島世理:沢城みゆき
伏見猿比古:宮野真守
十束多々良:梶裕貴
雪染菊理:佐藤聡美

●ストーリー
葦中学園高校は、島が丸ごと高校の敷地になっている変わった学校である。その屋上で、シロこと伊佐那社は、一匹の仔猫と共に昼食をとっていた。昼食後、クラスメイトのククリ(雪染菊理)から学園祭の買い出しを頼まれたシロは、橋を渡って街へと向かう。だがそこでなぜかガラの悪い男たち(吠憮羅)から追われるはめになり――。(第1話より)
●記憶に無い殺人
伊佐那社の吠憮羅メンバーである十束多々良殺人のアリバイは立証されたはず。しかしながら彼の部屋には血まみれのシャツが!

※当然ながら真犯人は未だ判明せず。

彼は夜刀神狗朗とネコと共に馴染みの食堂へやってきたのですが、何故か常連客の記念写真に彼の姿は無し。
●バー「HOMRA」
草薙出雲がマスターをしているバー「HOMRA」、そこに淡島世理がやってきます。

※彼は彼女を「ツンドラの女王」と呼ぶも、彼女本人は気に入らない様子。ちなみに私服の彼女は同一人物だと思えないくらい印象が変わります。

彼と周防尊とは無二の親友ですが、彼が捕縛されている状況を全く心配していない様子。それは信頼なのかそれとも放置なのか…。
●伊佐那社、存在の否定
伊佐那社が書いた買出し用のメモ、悪筆過ぎて夜刀神狗朗は読めません。そこで雪染菊理に電話しようとすると、

ネコ「吾輩は電話が嫌いである!」

と言い残し、猫の姿となり何処かへと行ってしまいます。

伊佐那社が雪染菊理に電話すると「誰?」と言われてしまいます。また実家に電話すると「お客様のお掛けになった電話番号は現在使われておりません」と。

これはどういうことなのでしょうか?
●伊佐那社の記憶
伊佐那社が自分の記憶を頼りに実家があった場所へ向かうとそこには何もありません。

どうやら彼の記憶は真実ではないようですが…。それは彼が自分自身で考えているような人物では無いという事になりそうです。

但し、夜刀神狗朗は彼を十束多々良殺しの犯人として斬り捨てることはしません。それは夜刀神狗朗自身がまだ彼を「見極めて」いないから。

「K」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「K」第5話「捜索する2大勢力」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第4話「アリバイの証明」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第3話「ネコと朝食」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第2話「ネコが裸で何が悪い!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第1話「猫とネコ」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「K」TVアニメ公式Webサイト
「K」AT-X公式Webサイト