社会人&大学生が孤独を感じるワケ

写真拡大

「自分が"孤独"だと思った経験はありますか?」友達が少なくても、気の合う仲間と充実した日々を過ごせていたり、逆に友達は多くても、ふと寂しさを感じたり......。"孤独感"を感じない人、感じる人、さまざまな性格があると思いますが、今回は社会人400人と大学生135人にアンケートを実施。どんな理由で孤独を感じているのかを調査してみました。

■「社会人になってから孤独を感じるようになった!」という人々の"孤独の理由"
・「連絡を取り合う人が限られ、定番化しているから」(女性/25歳/社会人4年目/商社・卸)

・「学生時代は同性の友達がたくさんいたが、今の職場は男性ばかりなので孤独を感じることがある」(女性/27歳/社会人7年目/情報・IT)

・「社会人になってから、新しく友達を作るのは難しく、学生時代の友人と遊びたくても、なかなか予定が合わなくて会えないから。また、学生のときにできた馬鹿な遊びができなくなったので寂しく思う」(女性/28歳/社会人6年目/建設・土木)

・「会社の人とは毎日関わるけれど、決して本音は言い合えないから。あくまでも会社の人とは"仕事上での関係"なので実は孤独」(女性/28歳/社会人6年目/商社・卸)

・「社会人になって一人暮らしを始めてから」(女性/26歳/社会人4年目/商社・卸)

ここでピックアップしたのは、「学生のころは寂しいと感じたことがなかったけれど、社会人になってから孤独感を感じるようになった」という人の意見。上の回答の二つ目「今の職場は男性(異性)ばかり......」などは、学生のころには経験することのない、"会社勤めならでは"の出来事で、初めは戸惑うことも多そうです。そのほかでは「会社以外の人と会う機会がなく、友達ができなくなった」と、行動範囲が狭くなったことを「孤独になった理由」として挙げる回答が目立ちました。

会社勤めの人は、心理的・時間的な理由もあり、学生時代のときのように気楽に友人を誘えないことも増えます。一方、一緒に過ごす時間が多い同僚などは、仕事上のライバルではありますが、彼らと心の底から打ち解けられる関係になれれば、社会人のこういった孤独感は緩和されるのかもしれません。

■「学生生活も孤独だ!」という人々の"孤独の理由"
・「一人暮らしをしているとき、ふとそう感じる」(男性/4年制大学・文系)

・「上京して故郷を離れたから」(男性/大学院・理系)

・「友達とワイワイ騒いでいるときにふと、家に帰ったら独りだよな......と感じる」(女性/4年制大学・文系)

・「自分だけが大学生活を楽しめていないのではないかと焦り、周りから取り残された感じがして孤独を感じる」(女性/4年制大学・文系)

・「携帯電話が鳴らない」(男性/4年制大学・文系)

大学入学をきっかけに、上京したり、一人暮らしを始めたりする人は多いと思いますが、それは"人生初の経験"となる人がほとんど。家事など、慣れないことをしなくてはいけない生活であるうえ、家族の声が聞こえないことに違和感を覚える人もいるかもしれません。ふと、寂しさを感じることは多いようで、今回の調査でも、特に学生の回答では「一人暮らし」を孤独の理由に挙げる人が多数いました。

ほかには、「自分だけが大学生活を楽しめていないのでは」「携帯電話が鳴らない」「友達が少ない」といった"焦り"を理由に挙げる人も多数。「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、他人の生活の方が楽しそうに見えてしまうことがあるのかもしれません。結局は、「自分は自分」と開き直ることが、孤独感の解消につながるのかも!? 文●平井ライラ (エフスタイル)

調査期間:2012/8/31〜2012/9/3/アンケート対象:マイナビニュース会員/有効回答数:400人(ウェブログイン式)、
調査期間:2012/9/6〜2012/10/1/アンケート対象:フレッシャーズ会員/有効回答数:135人(ウェブログイン式)