「ねんどろいど ミクダヨー」。なんともいえない迫力が… (C)CFM/GSC/SEGA

写真拡大

紅白出場説もささやかれるなど大人気の「初音ミク」だが、そんなミクと「似て非なる」奇妙なキャラが、あちこちで「大暴れ」している。

その名も「ミクダヨー」。パッと見は初音ミクなのだが、よく見ると妙な迫力があって、なんか違和感が……。そんなミクダヨーだが、今や不二家とコラボしたりフィギュアが発売されたりと、「謎の人気」が広がりつつある。

ちょっぴり凶暴で「フリーダム」なイメージ定着

「ミクダヨー」というのは元々、セガが販促用に製作した着ぐるみに、ネット上で付けられた愛称だ。ミクを元に2.5頭身にデフォルメしているのだが、2011年9月にお披露目されると、着ぐるみならではの短い首やどっしりとした体格、膨れ気味の頬、常に変わらない笑顔、そしてぎこちない動きなどが話題を呼び、「ミクとは別物」のキャラクターとして受け入れられてしまった。CGによる動画やコラージュ画像も大量に作られ、「おい こいつから殺していいのか」(元ネタは「北斗の拳」)といった物騒なセリフを吐くなど、ちょっぴり凶暴で「フリーダム」なイメージが定着している。

メーカー側もこの人気に注目し、イベントなどでも「ミクダヨー」として登場するなど、いつの間にやら「公式」キャラクターに。とうとう2012年11月5日にはグッドスマイルカンパニーからフィギュア「ねんどろいど ミクダヨー」として商品化が発表される事態にいたった(13年3月発売)。

「ミクダヨーさんはどこへ向かってるのか…w」

服によったシワなど着ぐるみ感を再現した仕上がりに、

「無駄にクオリティ高ぇwww」
「予約してみた 魔除けに」

などとネットは大ウケに。

しかもこれに留まらず、ファミリーマートと初音ミクとのコラボ企画の一環として、不二家の老舗商品「ポップキャンディ」のミクダヨー版も12月初旬に発売されることも決まっている。その「暴れっぷり」に、Twitter(ツイッター)では感嘆の声が上がった。

「ミクダヨーさんはどこへ向かってるのか…w」