●「まょちき」

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2012 鈴木大輔・メディアファクトリー/おにあい製作委員会

TVアニメ「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」がTOKYOMXテレビ及びAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
姫小路秋人:逢坂良太
姫小路秋子:木戸衣吹
那須原アナスタシア:茅原実里
猿渡銀兵衛春臣:下田麻美
二階堂嵐:喜多村英梨
神野薫子:高本めぐみ
鷹ノ宮ありさ:諸星すみれ

●ストーリー
この作品は「とある事情でしばらく離れ離れになっていたものの、ゆえあって再び一つ屋根の下で暮らすようになったふたりの兄妹が、特に波乱もない平和な日常をのんべんだらりと送っていく様子を、これといった起承転結もなくつづっていくだけの単調な物語」のはずだったが…、主人公・姫小路秋人が6年ぶりに再会した双子の妹・姫小路秋子は極度のブラコンになっており、兄に対して恋愛感情を抱いてしまっていた。

更に転校先の聖リリアナ学園では、生徒会長の二階堂嵐、生徒会副会長の那須原アナスタシア、秋人の友人で京都から追っかけてきた猿渡銀兵衛春臣と、一癖も二癖もあるメンバーも集まり、気付いたらみんな一つ屋根の下で暮らすことに…。秋人の望んでいた「平凡な日々」はあらぬ方向に進んで行ってしまうことになるのであった。
●姫小路秋人の新作小説を読む神野薫子
先程入稿されてきた姫小路秋人の新作小説は今回もハイレベル!兄と妹の禁じられた愛を見事に描写されていますが…。

神野薫子「もしかして実際の兄と妹の話?」

だとしたらリアリティのある内容なのも理解出来ます。そこで彼女は…。
●潜入、リリアナ学園寮!
姫小路秋人は洗濯中。しかも妹・姫小路秋子が作った抱き枕(姫小路秋子の絵が描かれています)を干しています。

神野薫子「彼は本当にシスコン?」

※塀越しに覗いていたのがばれるもそのまま寮内に入ります。

神野薫子は陣中見舞いと称するも本当の目的は姫小路秋人がシスコンである事を確かめる為。

※ちなみに二階堂嵐はむしろ神野薫子を性的に狙っているようです。

神野薫子「秋人君ってものすごくシスコンだと思いませんか?」
二階堂嵐「思ってますよ!」
春臣「思ってるけど!」
アナ「思ってるわ!」


はっきり言って彼のシスコンは世間の常識となっているようです(但し、本人は否定)。
●姫小路秋子に聞く!
姫小路秋子がやってきました。

神野薫子「秋人君ってものすごくシスコンだと思いますけど?」
姫小路秋子「いえ、全然シスコンじゃないと思います!」


意外な返答。しかし、

姫小路秋子「お兄ちゃんがものすごいシスコンで私の事を恋愛対象として見てくれるとしたら、そんなに嬉しい事は他にないわけで…。」

姫小路秋子はものすごいブラコンだったのです!

神野薫子、ショックのあまり気絶!

こんな兄と妹ですが誰がどう見てもシスコンでブラコンな場カップルな2人なのです。

この状況について一計を案じる二階堂嵐・春臣・アナ。そして、その方法とは!
●妹を別の部屋へ隔離!
今まで同じ部屋で生活していた姫小路秋人と姫小路秋子。そこで兄妹とはいえ年頃の男女を同じ部屋で生活させる事は問題があるという常識的な判断(この皆様に「常識的な判断」というのも違和感がありますが)に基づく提案をする二階堂嵐。

姫小路秋子は必死に抵抗しますが、姫小路秋人はその提案を受け入れます。

その夜、荷物を片付けながら妹との数々の思い出を振り返る秋人。兄としては妹を大切に思っている事は確かであり…。

翌日、新しい管理人がやってきます。そしてその管理人とは…。姫小路秋人にとって新しい管理人は懐かしい顔だったようです。

鷹ノ宮ありさ「あ、あの、はじめまして!」

鷹ノ宮ありさ12歳、寮の管理人ですが違う意味でも管理人?な「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」第5話「神野 薫子と二階堂嵐にサンドイッチな姫小路秋人!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」第4話「おちゃかいはもんぶらんでぬいぐるみばなななそーぷてくにっく」(ネタばれ注意)
【アニメ】「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」第3話「那須原アナスタシアの誘惑」(ネタばれ注意)
【アニメ】「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」第2話「下の名前で呼び合う間柄」(ネタばれ注意)
【アニメ】「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」第1話「妹とのいけない関係!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」TVアニメ公式Webサイト
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」AT-X公式Webサイト