こいつはスゴい! 勝手にノーベル××賞




1901年に始まり、物理学・化学・生理学医学・文学・平和・経済学の分野で多大な功績を残した人物に贈られるノーベル賞。そんな大それたこととまでとはいかないけれど、身の回りで「こいつはスゴい!」と思える人っていますよね。そんな人に、今回は「勝手にノーベル××賞」を贈りたいと思います!



調査期間:2012/8/28〜2012/8/30

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■「お店で出てきたソースや調味料を自宅で調合できる友人」(33歳/男性)

知り合いの方がうらやましいですね。そんなご友人は、ノーベル「味の再現ウマいね」賞です!



■「真冬の吹雪の中で、タイムマシンに関して熱弁」(25歳/女性)

その雪をも溶かす情熱……。ノーベル「タイムマシンオタク」賞でしょう。



■「8年ほど一日も仕事を休んでいない個人経営のお店のおじさん」(37歳/男性)

何のお店か気になりますが、おやじさん、ノーベル「皆勤」賞ですよ!



■「環境問題などに関して。酔っ払うとゴミ袋を同じマンションの住民の郵便ポストに配布します」(31歳/女性)

酒癖がいいのか悪いのかわかりませんが、ノーベル「地味に助かるわ?」賞を贈っておきますね。



■「替え歌が得意な友人がいる。原曲を生かしつつおもしろいストーリーになっているので本当にすごい」(30歳/女性)

ラジオでのバナナマン日村さんのようですね。ノーベル「ヒムペキ兄さん」賞です!



■「一度に7人がしゃべっても、誰が何を発言したのかを聞き取れる人がいた」(24歳/女性)

これはすごい! ノーベル「リアル聖徳太子」賞を差し上げます。



■「結婚祝いにふ菓子を持ってきた友人。本人はいたってまじめに」(31歳/女性)

ほかの方も駄菓子を持ってくると思ったのでしょうか……。ノーベル「スカスカ」賞を一応あげておきますね……。



■「寝つきのよさがハンパない夫。布団に入って0.1秒くらいで寝ている」(32歳/女性)

コンマ1秒の世界とは! だんなさんには、ノーベル「お仕事お疲れさまです」賞をお贈りします!



■「飲み屋で必ずイケメン店員と仲良くなる友達」(25歳/女性)

必ず、なんですね……。ノーベル「結婚を前提にお付き合いしま」賞あたりで許してください。



■「セミを生で食べる友人」(27歳/女性)

幼少期、どんな育ち方をしてきたのでしょうか……。ノーベル「サバイバル」賞ですね。





世の中のためになる本当のノーベル賞っぽい人もいれば、ワケのわからない特技(?)をお持ちの人もいましたね。みなさんの周りには、そんな「ノーベル賞もの」な人、いませんか?



(くわ山ともゆき+プレスラボ)