自分は日本人だなと思った瞬間


海外に行くと日本食が食べたくなったり、畳が恋しくなるなんていいますが、日本にいても日本をいとおしく思ったり、日本人であることを再確認する瞬間があるのではないでしょうか。そこで、マイナビニュース会員1000人に「自分が日本人だと思う瞬間」について聞いてみました。



調査期間: 2012/10/9〜2012/10/13

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数:1,000件





■旅先で日本を感じる

・ホテルのベッドではなかなか寝付けないが、畳で敷布団だとぐっすり寝られたこと。(31歳/男性)

・ホテルに泊まった時の朝食はたいていご飯とみそ汁にする時に日本人だなと思う(29歳/女性)

・温泉につかっている時(28歳/男性)

・行列に文句を言わずに並んで待っているとき(31歳/女性)



国内のホテルや旅館に泊まっても、自分は日本人だと感じる瞬間があるようです。まさに、畳を恋しく思い、みそ汁に日本を感じるんですね。



■食で日本を感じる

・たまごかけご飯を食べているとき(53歳/男性)

・ご飯に納豆をかけて食べているとき(24歳/男性)

・お茶漬けを食べて落ち着くとき(45歳/男性)

・日本酒のあつかんをのんでるとき(24歳/男性)



たまごかけご飯やお茶漬けは日本ならでは。普段何気なく食べている食べ物が実は日本特有のものだったなんてこともありますからね。日本にはおいしい食べ物、お酒がたくさんあるんですね。



■イベントで日本を感じる

・お花見をみんなで楽しんでいる時(23歳/女性)

・正月にもちを食べるとき(24歳/女性)

・オリンピックでのメダル獲得やノーベル賞の受賞など、日本人の偉業にワクワクするとき(30歳/女性)



同じ日本人の活躍を見ると心が躍りますよね。日本は四季があるから、花見もお正月も季節をめでられますよね。



■日常生活で日本を感じる

・時間通りに電車がこないとイラっとするとき(27歳/女性)

・湯船につかって「あぁ〜」と声を出したとき(53歳/男性)

・蛇口から出る水か飲める幸せ〜(39歳/女性)

・コンビニでパスタを買った時、レジの人に「おはしとフォークどちらにしますか?」と聞かれ、必ず「おはし」と答える時(31歳/女性)

・トイレのウォシュレットがないと嫌なとき(23歳/女性)



日常生活で当たり前のように行っていることでも、外国にいったらできないことがたくさんあります。水やトイレもそのひとつ。蛇口をひねったら水が出る幸せを感じないといけませんね。



■コミュニケーションで日本を感じる

・理不尽な事象があっても表に出さず心に秘めておくとき(24歳/女性)

・空気が読めない人にイラっとするとき(30歳/女性)

・「よろしくおねがいします」「おつかれさま」「おかげさまで」と言った(23歳/女性)

・電話でお辞儀をするとき(25歳/男性)



お辞儀やあいさつなど、礼儀を大切にする日本人。空気を読みすぎて思ったことを口に出さず個性がないといわれることもありますが、いいところは大切にしていきたいですよね。



■そのほか

・柴犬が一番かわいいと思うとき(35歳/女性)



好みかもしれませんけど、柴犬は可愛い!



私たちは日本ならではのものや日本の良さに触れた瞬間に、あらためて「日本人だな〜」と感じているようです。あなたは、どんなときに「日本」を感じますか?





(文/こうのゆみこ)