お昼にいくら払いますか?


お昼のランチのために仕事を頑張る人、節約のためにランチ代を削る人、お弁当を作る人。お昼のあり方は人それぞれ。最近ではワンコインランチなど、お財布に優しいランチメニューも増えてきましたが、みなさんは一体お昼にどれくらいお金を使っているのでしょうか。今回はマイナビニュース会員1000人に、「お昼の食事」についてアンケートをとりました。



調査期間: 2012/10/9〜2012/10/13

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数:1,000件





Q. あなたはお昼にいくら払っていますか?

 1位 400〜500円……34.2%(342人)

 2位 200〜300円……23.1%(231人)

 3位 0〜100円……21.5%(215人)

 4位 600〜700円……14.7%(147人)

 5位 800〜900円……5.1%(51人)

 6位 1000円以上……1.4%(14人)



500円以下が半数以上という結果でした。ワンコインで食べられる、もしくはワンコインでお釣りが返ってくるランチが人気のようです。



それではお金に糸目をつけずにお昼ご飯を食べられるとしたら、みなさんは何を食べたいのか。ぜいたくしたなと思うランチについて、男女別にご紹介します。



■男性編

・牛丼大盛り(38歳/男性/普段は0〜100円)



並ではなく大盛り!これくらいのぜいたくでいいんですね……。いっそのこと特盛りにしちゃえ!



・いつものメニューに一品プラスするから揚げとか適当なお総菜(27歳/男性/普段は400〜500円)

・カツカレーに生卵をつける(45歳/男性/普段は400〜500円)



プラス一品するぜいたくさ。それが好物だったり、日ごろ我慢しているものならたとえ一品でも幸せな気持ちになりますよね。



・定食でなく、バイキングにする。たくさん食べることでリフレッシュする(26歳/男性/普段は600〜700円)

・ご飯をおかわりしたり大盛りにしています(26歳/男性/200〜300円)



とにかく量を食べる!でも、食べ過ぎて眠くならないように気をつけてください!



・コンビニでハンバーグ弁当とデザートを1つ買うこと(30歳/男性/200〜300円)

・焼き肉定食など肉がっつり系(29歳/男性/800〜900円)



とにかく肉=ぜいたくという発想。がっつり食べておなかがいっぱいになったら心も満たされる?



・コーヒーを普段の39円の特売品から100円の500mlサイズにする(27歳/男性/200〜300円)



小さなぜいたくに思えますが、きっとこれで午後も頑張れるんですね!



一方、女性はどのようなぜいたくランチを食べたいと思っているのでしょうか。女性の意見をご紹介します。



■女性編

・5,000円くらいのホテルランチ。(32歳/女性/普段は400〜500円)



いつもの10倍も出したら……ぜいたくな感じも10倍になりそう。



・懐石料理。座敷でゆっくりおいしいものを食べたい(31歳/女性/600〜700円)



お昼をゆっくり食べる時間がほしいという意味も込められているんでしょうね。こんな優雅なお昼を過ごしてみたい……。



・会社近くにあるホテルのバイキング。(27歳/女性/0〜100円)



ただのバイキングじゃなくて、ホテルのバイキングっていうのがポイントですね。高級料理も出てきたりして……想像しただけでおいしそう。



・パスタ。ランチセットだとスープとサラダが付いてくる。ぜいたくしたい時はデザートも追加(30歳/女性/普段400〜500円)



パスタランチってたいてい1000円くらいするので、毎日は続けられないんですよね。リーズナブルでおいしいパスタが食べたい!





・ハンバーガー。ちゃんと1,000円位するやつ(28歳/女性/400〜500円)



ハンバーガー専門店のハンバーガーってボリュームもあって「贅沢してる!」って感じがしますよね。でも、やっぱり値段に負けて安いハンバーガーばかり食べてしまいそう……。



・うなぎ。力をつけたいから(33歳/女性/400〜500円)



スタミナ勝負!ですね。どうせなら高級天然ものを食べて、午後も翌日も元気に働きましょう。



・300円のサラダ(26歳/女性/200〜300円)



ワンコインランチなどがあるなか、300円のサラダを見ると、これだけで!?と思ってしまいがち。しかも普段300円くらいならサラダに300円は抵抗を感じるのもわかります。



・パンケーキと紅茶(25歳/女性/400〜500円)



ランチというよりもアフタヌーンティーですね。おなかはいっぱいにならなさそうですが、リッチな気分を味わえていいかも!



男性に比べて女性のほうが、ランチのバイキングや懐石料理など高級なものを食べたいという意見が多く見られました。特に女性は、お昼をゆっくり食べる時間もほしいのかも。節約したりダイエットしたりすることも大事ですが、たまにはぜいたくなランチを食べてみるのもいいかもしれませんよ。



(文/こうのゆみこ)