心療内科医に聞く。街に心療内科が急増しているのはなぜ?




「心療内科」と掲げられた病院を見かける機会が増えた昨今。何か理由があるのでしょうか。心身医学専門医で心療内科医の野崎京子先生に詳しいお話を伺いました。



■「精神科は行きにくいから、心療内科へ」と考える現実



――街で「心療内科」が増えたように思います。実際のところはどうなのでしょうか。



野崎先生 心療内科は、1996年(平成8年)8月に、当時の厚生省(現・厚生労働省)から、「標ぼう」を認められました。「標ぼう科」とは、病院や診療所が外部に向けて当院は「○○科」です、と看板を出す、広告をすることが認められている診療科のことです。内科、外科、小児科、皮膚科 精神科などの表記はそれに該当します。



心療内科はまだ歴史が浅いため、日本の心療内科医の人数は精神科医に比べて圧倒的に少なく、2012年8月現在では、「日本心療内科学会」認定の専門医は全国で129名、「日本心身医学会」認定の専門医は全国で586名というのが実情です。



ですが、この15年余りで都市部を中心に、心療内科のクリニックの数は急増を続けています。

それには、「心療内科クリニック」を開業する医師の大半は心療内科医ではなく、実は精神科医であるという現実があります。

精神科医がクリニックを開業するとき、「精神科」という看板をあげると患者さんが通いにくいだろうと考え、「心療内科・精神科」と表現することが多いのです。



標ぼうの方法については、現在の医療法では規制はなく、どの科を掲げてもよいことになっています。ですから、わざわざ患者さんが通いにくいだろう「精神科」という看板を表に出す医師は少ないのです。



また、うつ病などの症状で病院を探す患者さんは、「精神科は行きにくいから、心療内科に行こう」と考える人が圧倒的に多い、というデータもあります。これらの理由が重なって、街に心療内科が増えているわけです。



――心療内科に通っているつもりが精神科だった、ということがあるのでしょうか。



野崎先生 大いにあります。現在の確かな数字は出ていませんが、「心療内科の開業医の8〜9割が精神科医」だと言われています。それが患者さんにとって支障があるかどうかというと、心療内科は「内科」の領域であり、内科としての疾患を診察しますから、訪れた精神科医が内科の症状について研究・研さんを積んできたかどうか、適切な診断ができるかどうかがポイントとなるでしょう。



――心療内科の専門医を探すにはどうすればいいのでしょうか。



野崎先生 専門医は「日本心療内科学会」、「日本心身医学会」が実施する試験制度の受験資格を満たし(関連研修施設において5年以上の心療内科学臨床研修を修了していることなど、多岐にわたる)、試験に合格した医師に与えられる資格です。



心療内科の専門医を探すには、「日本心療内科学会(http://www.jspim.org/ )」、もしくは「日本心身医学会(http://www.shinshin-igaku.com/ )」のホームページから、「専門医一覧」をご確認ください。後者は氏名の掲載のみですから、電話で問い合わせてください。



また、まずはかかりつけ医を訪れ、体と心の症状について率直に相談をすることをお勧めします。適切な医師を紹介してくれることもあるでしょう。



――ありがとうございました。



心療内科が増加する背景には、標ぼう科となった歴史や医師による開業に関する実情、また、患者にとっては受診しやすいという理由があるとのこと。病院を探すときの参考になりそうです。







監修:野崎京子氏。心身医学・ペインクリニック・麻酔科専門医。京都大学医学部卒。国立京都病院、大阪赤十字病院などをへて、現在、心療内科・ペインクリニックの野崎クリニック院長。著書に『心療内科女医が教える 人に言えない不安やストレスと向き合う方法』(マガジンハウス 1365円)がある。

野崎クリニック:大阪府豊中市新千里南町2-6-12 北大阪急行桃山台駅から徒歩7分 TEL: 06-6872-1841 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/pc/



(岩田なつき/ユンブル)