現在タイで行われているフットサルW杯。そこに日本代表として選出されたのが、三浦知良選手(45才)だ。すでに行われた予選リーグでは、サッカーよりも厳しい条件下にもかかわらず、体力的なハンディを感じさせないパワフルなプレイをし、ひと回り以上も若い選手たちの精神的支柱ともなっていた。

 そのカズの体調維持の秘密兵器となっているのが、妻・りさ子(44才)が持たせた『エアーポータブル・オーバーレイ』というマットレスだ。

 商品を販売する西川産業の営業戦略室・今井祥愛さんがその威力を説明する。

「肩や腰に負担がかからないよう、面ではなく、点で体を支える凸凹のマットレスです。遠征先のベッドの硬さに左右されることなく、ベストなコンディションをサポートし、快適な睡眠環境を実現してくれます。横になった瞬間、体が浮いている感じがして気持ちがいいと評判をいただいております」

 価格は2万9400円と普通のポータブルマットレスよりも値は張るが、ロンドン五輪金メダリストのレスリング・吉田沙保里選手(30才)や女子プロゴルファーの有村智恵選手(24才)などトップアスリートたちが多数愛用中だ。

※女性セブン2012年11月22日号