落ちてきた水滴を一瞬で凍らせる不思議な粉(動画あり)

写真拡大


グミみたいになってる。

サウジアラビアのアブデュラ王立工科大学(KAUST)の研究チームの開発したこの不思議な粉。上から落ちてきた水滴がこの粉に当たると、一瞬で凍ってしまいます。ただ、キンキンに丸ごと凍るのではなく、表面だけが凍るので、まるでグミのように弾力がある物体に見えます。研究チームが専門としているのは、高速流体イメージング。



水滴が落ち、地面にぶつかった時に表面に粉が付きます。この粉によって水が流れてしまわずに、跳ね上がった水滴はその形を保つことができます。この粉で水滴が凍る現象が起きるのは、秒速5.25フィート(秒速約1.6メートル)で落下する小さな水滴が、最初に地面にぶつかる時のみ。

この研究は、今後、水の冷却や液体力学の発展に役立つと考えられています。

難しいことはさておいても、この動画見てると興味深いです。


[King Abdullah University of Science and Technology via NewScientist]

そうこ(Andrew Liszewski 米版