アメリカ大統領選挙で勝利した、オバマ大統領の勝利キーワードとは?

写真拡大

セレゴ・ジャパンは、2012年11月のアメリカ大統領選挙にて、一般投票で勝利を収めたオバマ大統領の勝利演説のキーワード・トレンド分析を実施した。

このほどその結果を発表した。

同調査は2012年11月7日と2008年11月5日の勝利演説で使われた単語の中から、言葉の頻度分析を行い分析を行った。

対象となったのは、2008年11月5日に行われた勝利演説の総ワード数2,065、2012年11月7日に行われた勝利演説の総ワード数2,150。

その結果、200811月5日に1位となったワードは「tonight(今夜)」で13回、2位は「people(人々)」で12回、3位は「nation(国家、国民」8回。

前回の選挙で話題となった「Change(チェンジ=変革)」は5位で6回だった。

2012年11月7日に1位となったワードは、「work(働く)」で15回。

2位は「country(国)」で13回、3位は「forward(前方へ)」で9回。

そのほか、「future(将来)」「hope(望む、期待する)」「believe(信じる)」も多かった。

分析の結果、4年前の勝利演説で使われた言葉の多くは、オバマ氏のアメリカに対する思いや決意を表すための役割を担うもの、そして再選後に行われた勝利演説で最も強く語られたことは、work、fight、jobという単語からもわかるように「まだ成すべき仕事は終わっていない」ことを印象づけるものだった。

同社によると、オバマ大統領の演説を活用して英語を効果的に学習するコツは、単語個々の意味だけではなく、その単語が使われている背景を理解することが必要だという。

同社が提供する英語学習サービス「iKnow!」では、「オバマ大統領の勝利演説(2008年)」学習コースを提供している。

また、『偉人たちの名スピーチ』では、オバマ大統領をはじめ、さまざまな偉人のスピーチを聞くことができる。

(iKnow!に登録が必要。

トライアルアカウントは無料)。