結婚式などで当たった景品を自宅で受け取れる「景品パーク」サービス増強

写真拡大

オリジナルギフト事業を展開するディースタイルは、ギフト商品を販売する自社サイト「幹事さんの味方!『景品パーク』」において、昨今の宴会・パーティーシーズンにおける景品需要の上昇に伴い、「ギフト商品の目録パネルを販売するサービス」の供給をさらに増強していくことを発表した。

同サービスは、宴会やパーティーの主催者や幹事担当者を対象としたギフトサービス。

季節のグルメ、旅行、食事券、家電などさまざまな商品を、「パネル」(A4またはA3サイズ)と「目録」にして提供する。

景品として「目録」を受け取った人は、同封のハガキから商品の引き換えが可能。

肉やカニ、アイスクリームなど、持ち帰るには大変な産直グルメや、大きくてかさばる家電などを景品にするときに利用することができ、会社の忘年会・新年会や結婚式の2次会、ゴルフコンペなどで活用されている。

今年は、イデアインターナショナル、+d(プラスディー)、生活の木などのインテリア雑貨の供給数を増やし、肉やカニをイラスト化した「特大型抜パネル」(2012年11月下旬発売予定)で、より一層場が盛り上がる商品供給を図っていくという。

なお、同社の調査によると、今年のトレンド商品は「みんなで楽しむご当地グルメ」。

松坂牛、神戸牛、米沢牛などのブランド牛や、北海道の毛ガニ、三崎港直送マグロなどの海産物、下関直送「ふぐちり鍋」、博多名物「もつ鍋」、北海道郷土料理「石狩鍋」など、「メイド・イン・ジャパン・ブランド」のご当地グルメセットが人気とのこと。