教育費の最難関は、子どもの大学進学時 大学のお金を無理せず準備する方法

写真拡大

前々回から家計の中の教育費について解説しています。幼稚園〜大学のうち、最も学費が高くなりやすいのは大学です。そのため、きちんと計画を立ててまとまったお金を準備することが大切になります(学費の目安については、連載第17回をご覧ください)。今回は子どもの大学進学時にかかるお金の備え方についてお話ししていきます。

子どもの将来のお金と現在の家計は、切り離して考えよう

 子どもがいる読者のみなさんの中には、学資保険に加入している方も多いはず。学資保険は、原則として子どもがいる(もうすぐ生まれる予定がある)人のみ加入できる保険で、学資をコツコツ準備するためのもの(※一括払いでも契約できます)。子どもが比較的小さいうちに入るケースが多くなっています。

 満期はたいてい(子どもが)18歳前後になるまでですが、これはいうまでもなく、最もお金のかかる大学進学を見据えているからです。

 これまで述べてきたとおり、教育費は総額で1000万円というのが一つの目安ですが、そのうちの400万〜500万円分は大学の4年間で出ていくお金です。そのため、大まかにいって、大学までの18年間で500万円、大学に入ってからの4年間で500万円使うという認識を持っておけばいいでしょう。そう考えると、大学の学費がいかに高いかを思い知らされますね。

 大学の学費は、子どもが18歳になる頃を目安に用意すればいいわけですが、子どもが0歳のときから始めると、18年で500万円程度貯めればいいということになります。年単位にならせば、1年間で約28万円。月にすると2万3000円程度です。決して安くはありませんが「まったく用意できない金額ではない」と安堵する方も多いのではないでしょうか?

 この2万3000円の一部には、もちろん児童手当を充てるのもいいでしょう。今は政治が混乱しているため、この先児童手当もどのように変わっていくかわかりませんが、とりあえずは下表ような仕組みで、中学校卒業まで手当を受けることができます。

 そのため、たとえばですが、1万5000円受け取れる0〜3歳の間は、2万3000円に不足する8000円を毎月貯め、3歳から中学校終了までは月1万3000円、高校からは月2万3000円を貯める……などと計画してもいいでしょう。

 児童手当を含めれば、かなり負担は減ります。すでに実践されている方も多いでしょうが、児童手当は手をつけず、大学進学まで丸々残すのが得策といえるかもしれません。長期的に、計画的に貯めていくことで、先々の家計への負担を軽くすることができます。

 ですが、相談者の方のお話を聞いていると、「児童手当を毎回何となく使ってしまう」「家計の赤字補てんに回している」などの声が少なくありません。

 子どもの将来のお金を現在の家計とごちゃ混ぜにするのはNGです。児童手当は臨時収入ではないのですから、切り離して考えるようにしてください。もし、これから子どもが生まれて児童手当を受け取るなら、新しい口座を開くか、給与振込口座ではない、普段あまり使っていない口座に振り込まれるよう設定するのがおすすめです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)