ネクソン、Valve社「Dota 2」の日本と韓国のパブリッシング契約を締結

株式会社ネクソンの子会社、韓国のNEXON Korea Corporationは、アメリカのゲーム会社Valve Corporation(以下バルブ社)と、バルブ社の最新タイトル「Dota 2」に関して、韓国及び日本におけるパブリッシング契約を締結したと発表した。

バルブ社は、ハーフライフ、ハーフライフ2、カウンターストライクなどを製作する世界規模で人気が高いゲーム開発会社。
今回契約が締結した「Dota 2」は、「ウォークラフトIII」のMOD「DotA」の後継作。

「Dota 2」は、バルブ社のIceFrog氏が開発を統括し、世界中に多くのファンをもつ人気作。e-sports大会でのゲームジャンルの一つとして幅広い層から愛されている。

なお、本作のサービス時期及び、その他の詳細情報については今回未発表となっている。今後決まり随時発表されていくものとみられる。