ネタ採用者に聞く、「明石家サンタ」と電話で話すための秘訣とは?




もうすぐクリスマス。恋人のいない私は「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」を見るのが年中行事になっています。何かよくないことがあると、今年こそハガキを出そうと思うのですが、採用されるコツはあるのでしょうか? 実際に採用され、さんまさん扮する明石家サンタと話したことがあるAさんに話をうかがいました。



■心をこめて、わかりやすくネタを書こう!



――明石家サンタに応募するには、どのようにすればいいのでしょうか?



「今年はまだわかりませんが、毎年ハガキでの応募か、放送当日に指定の電話番号にかけるしかありません。電話は非常につながりにくいので、事前にハガキを出したほうがいいと思います」



――ハガキの書き方など、コツはありますか?



「私の場合、話のオチとなることを一番上に目立つように書きました。カラフルにペンを使ったりしましたね。それから、不幸話を簡潔にまとめましたので、それがスタッフさんの目についたのかもしれません。



あとは、ほかの番組の投稿でも使う手なのですが、スタッフさんへのねぎらいの言葉も必ず添えています。演者さんのファンはたくさん投稿してくるので、さんまさんや八木さんのファンです! と書いても目立たないでしょうね」



ネタを選考するのはスタッフさんなので、そこでいいなと思ってもらえることが重要とのこと。ねぎらいの言葉は下のほうにさりげなく書く程度がいいそうです。



■採用された者だけが知っているウラ話



――ネタが採用されるのは、いつわかるのですか?



「放送日の数日前に、スタッフさんから電話がかかってきました。この時点では、あくまで候補であって、採用されるわけではないといわれました。生放送だから、何本紹介できるかわからないからだと思います。



まず、ネタについて確認され、どういう話なのか説明を求められます。それについて、スタッフさんからオチはこれだから、こういう流れでお話ししましょうとアドバイスをもらいました」



――それって、ネタの内容をいじるってことですか?



「そういうわけではありません。どうしても素人が投稿するネタですから、そのまま話しても視聴者に伝わりにくくなるんでしょうね。それをわかりやすく、おもしろく伝えるにはどうすればいいか、話の流れを組み立ててくれるんです。内容をこう変えてくれといわれたことは一切ありません」



なるほど。いつもおもしろい話ばかりなのは、スタッフさんのアドバイスのおかげでもあるのですね。ちなみに、どのようなネタを投稿したのか質問したのですが、動画投稿サイトにアップされてしまうこともあり、個人を特定されることがあるためNGとのこと。残念!



ちなみに、Aさんはハガキの書き方をお友達に教えたところ、その方も候補に挙がったとか。残念ながら採用には至りませんでしたが、効果のある方法といえそうです。



■さんまさんと電話で話せるドキドキの瞬間!



――どのようなネタが採用されるのでしょうか?



「私も1回しか採用されたことがないので、詳しいことはわかりません。ただ、いままで投稿したネタを振り返ると、本当の不幸話は採用されなかったですね。本人にとっては深刻でも、他人が聞いたら笑えるようなネタとかがいいのかもしれません」



――もし、明石家サンタから電話がかかってきたら、どのようにふるまえばいいですか?



「私の場合、緊張すると思ったので、ネタをメモしておきました。まるで台本ですね(笑)。実際にとても緊張しましたし、頭が真っ白になりました。失礼ながら、特にさんまさんのファンというわけではないのですが、それでも手が震えましたよ。



無理に笑いをとろうとしなくても、おもしろいネタなら合格になると思うので、普通にすればいいのではないでしょうか。ただ、誰かのボケや、さんまさんのツボに入るようなおもしろい返し方とか、その年のブームみたいなものがあるので、それはマネしてもいいと思います」



――Aさんは豪華賞品をゲットしたとのことですが、何かコツはありますか?



「まずは合格しないとダメですよね。それから数字パネルを選ぶわけですが、狙っていた数字を先にとられてしまうこともあるので、こればかりは運としかいえません」



――賞品はいつ届くのですか?



「毎年同じなのか、賞品によって異なるのかわかりませんが、私の場合は約1カ月後に届きました。その前にスタッフさんから連絡をもらって、住所などを確認し、それから数日後に発送してくれたようです。スタッフさんからの手紙が入っていて、番組に対する好感度も上がりましたね」



さんまさんの軽快なトークや、笑ってしまう不幸話はもちろん、スタッフさんたちの努力があるからこそ、20年以上続いているのですね。



今年はいいことがなかったと思う方は、その不幸を笑いに昇華させてみては? うまくいけばさんまさんと話せる上に、賞品もゲットできますよ。私も今年こそはハガキを出してみようと思います!



(OFFICE-SANGA 丸部りぃ)