東京都墨田区のすみだ水族館が「ブルーナイトアクアリウム」を開催

写真拡大

オリックス不動産は、2012年5月にオープンした「すみだ水族館」で、いきものの夜の生態を観察することができる「Blue Night Aquarium(ブルーナイトアクアリウム)」を11月3日から開始した。

同水族館は、東京都墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチにオープン。

期間中、館内は月光を思わせる青い光に包まれる。

毎日18時頃に大水槽の一部の明かりが消え、夜行性のアカマツカサや、ホウセキキントキ、サメやエイ、ウツボが、夜になり活発に泳ぎ回る姿など、昼間とは違う夜の生態を観察できる。

ペンギンプールも、夜モードの照明に変化。

羽根の手入れをして寝る準備をするペンギンの様子を見ることができる。

さらにアクアアカデミーでは、12月25日までの期間限定プログラムとして「ペンギンチャット」を19時半から開催。

飼育スタッフによるペンギンの生態解説や観察が行われる。

また、12月25日までの期間中、館内5Fペンギンカフェおよびオットセイカフェでは、年間パスポート会員に漏れなく(一般大人入場券の方は抽選で)、シングルモルトウイスキー「タリスカー」のソーダ割り、または「タリスカー」を使用したオリジナルカクテル(全2種類)のうち、いずれか1杯を無料で提供する。

18時以降に来場した20歳以上の成人限定。

入場料は、大人2,000円、高校生1,500円、小中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円。

営業時間は9時〜21時。