【男性編】今年の注目株は誰だ!?「NHK紅白歌合戦」に初出場しそうな歌手・グループランキング










今年も残すところ2カ月弱。年末恒例の『NHK紅白歌合戦』、今年の司会は白組が嵐、紅組が堀北真希に決まり、そろそろ出場歌手も発表される頃だろう。メガ幸子(小林幸子)やAKB48、K-POP勢などの動向も気になるが、内々定との噂があるももいろクローバーZをはじめとした初出場枠は特に注目したいところ。そこで今回は「NHK紅白歌合戦に初出場しそうな歌手・グループ」を男性409名に聞いてみた。











Q.NHK紅白歌合戦に初出場しそうな歌手・グループは?(複数回答)

1位 きゃりーぱみゅぱみゅ 61.9%

2位 Superfly 14.4%

3位 斉藤和義 13.9%

4位 JUJU 13.4%

5位 ゴールデンボンバー 13.2%

6位 YUI 12.5%

7位 ナオト・インティライミ 10.0%

8位 miwa 8.3%

9位 サカナクション 7.8%

10位 SUPER☆GiRLS 4.4%





ぶっちぎりで1位を獲得したのは、11月6日に初の日本武道館公演を成功させたきゃりーぱみゅぱみゅ。「メディアの露出度がダントツだったから」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)という声が多かったように"今年最もブレイクした歌手"として初出場する可能性は非常に高い。来年にはワールドツアーが決定していることもあり、「話題性がある」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)という意見もあった。「インパクトの強い歌手を何組か選出する傾向にあるから」(30歳/金融・証券/営業職)と、近年の紅白の傾向を分析して選んだ人もいるようだ。





2位は実力、人気ともに申し分なしのSuperfly。一昨年にはNHKサッカーテーマソング「タマシイレボリューション」を歌っていたこともあり、「まだ出ていないことが不思議」(30歳/ソフトウェア/技術職)と疑問に思う人も多かった。「Superfly自身が出場を断っていたのでは?」という噂もあるが、真偽のほどは……!? 「歌がうまい!」(47歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)、「存在感がある」 (46歳/生保・損保/営業職)と40代からも支持を受けている実力派に今年はぜひ出場してもらいたい。





3位は、来年でデビュー20周年を迎える斉藤和義。「ベテランなので期待できる」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)というほか、「昨年末に『家政婦のミタ』の主題歌がヒットしたから」(36歳/その他/その他)という声も。4位は11月7日に初のベストアルバムをリリースしたばかりのJUJU。「歌のうまさがピカイチ! あの低音は魅力的」(40歳/ソフトウェア/技術職)と絶賛する声も寄せられている。5位は今年に入って人気急上昇中の"楽器の弾けないエアバンド"ゴールデンボンバー。笑撃のパフォーマンスをウリにしているだけあって、「インパクト大!」(27歳/学校・教育関連/専門職)という意見が多数寄せられた。





■総評

海外からの評価も高く、ワールドツアーが決定しているきゃりーぱみゅぱみゅは、話題性抜群でほぼ当確と言っていいだろう。司会の堀北真希が、正式な芸名「きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ」って呼ぶところをもしかしたら見られるかもしれない。2位〜4位のSuperfly、斉藤和義、JUJUは歌唱力が自慢の実力派ながら、当確と言えるほどの要素がないので何とも言えないが、人気は十分であることはわかる。また、6位のYUIは、9月にリリースした「fight」がNHK全国音楽コンクール中学校の部の課題曲に起用されたこともあり、出場はほぼ間違いないとも言われている。ランク外ながら出場を予感させるのは、今年発売したシングルが6作連続でオリコン週間チャートの1位を記録したSKE48。紅白応援隊のAKB48との同時出場となるか、こちらも楽しみに待ちたい。サプライズ候補として名前が挙がっている初音ミクは、ファンの反対もあって実現は難しいかもしれないが、人気は折り紙つきだ。果たして発表はいかに!?





(文・塩澤真樹/C-side)





調査時期:2012年10月19日〜11月2日

調査対象:マイナビ ニュース会員

調査数:男性409名

調査方法:インターネットログイン式アンケート