ローム、京都市右京区の年末イルミネーションを中止すると発表

写真拡大

ロームは、例年11月下旬から本社構内や周辺の樹木等に行っていたイルミネーションを、2012年は中止することを11月8日に発表した。

同社では、毎年11月下旬から12月下旬にかけて、京都市右京区の本社周辺である五条通と佐井通り沿いの街路樹に電飾を飾る「イルミネーション」を実施。

ケヤキやヤマモモの樹木に、同社製品のLEDなどを取り入れたイルミネーションを行い、周辺では冬の恒例イベントとして多くの市民に親しまれてきた。

2011年は、節電のピークと点灯時間が重なることを考慮してイルミネーションを自粛。

2012年の開催が注目されていたが、同社の厳しい経営環境により、中止することとなったという。