マナトレーディング(株)は、「ROMO」「オズボーン&リトル」「サンダーソン」「ハーレクイン」など、イギリスのテキスタイルブランドをはじめとした秋冬新作プレゼンテーションを、11月8日(木)に東京ショールームにて開催した。
今回プレゼンテーションの中心となったのは「ROMO」。イギリス本社からエクスポートマネージャーのディードリック氏が来日し9月に発表された新作コレクションを紹介した。「ROMO」から発表された新作はコットンとリネンのプリントシリーズ「Ortega」、いす張り、クッション向けのストライプシリーズ「Charlbury」、チェック&ストライプの「Solea」、プレーンデザインの「Rumba」、コットンベルベットシリーズ「Forenza」、タフタシリーズ「Sirente」の6コレクション。その中でもメインコレクションが「Ortega」(オルティガ)で、チリ、インド、モロッコなどさまざまな国からインスパイヤされたコンテンポラリーなデザインを、プリントで鮮やかに仕上げたコレクションとなっている。また「ROMO」の姉妹ブランドである「Kirkby Design」の新作も紹介した。
この他、プレゼンテーションでは、「オズボーン&リトル」「ニナキャンベル」「サンダーソン」「ハーレクイン」の新作紹介のほか、イタリアのトップブランド「Armarni/CASA」、ドイツのトップブランド「サコ」の新作も紹介した。