秋田新幹線E6系の新列車名は「スーパーこまち」、東京〜秋田間で4往復運転

写真拡大

JR東日本は6日、秋田新幹線の新型高速新幹線車両E6系による新しい列車名を「スーパーこまち」と発表した。

車両シンボルマークも同時に発表されている。

「スーパーこまち」は2013年3月より、東京〜秋田間で4往復運転。

E6系車両が4編成投入され、最高速度300km/hでの営業運転がスタートする。

これにより、東京〜秋田間下り列車の到達時分は最速3時間45分となり、現行の「こまち」と比べて5分短縮される。

なお、E6系は2013年度末より、最高速度320km/hでの運転を予定している。

車両の新造も進められ、2014年春までに計24編成が導入される予定。

うち23編成が新造車両で、これまで走行試験を行ってきた量産先行車(1編成)も営業列車に投入するとされている。

新たに発表された車両シンボルマークは、赤いウェーブとシルバーのループで構成されたデザインに。

赤のウェーブは秋田地方出身とされる小野小町のシルエットと時速320km/hの風を、シルバーのループは現在から未来へのつながりを表現したという。

「JR EAST JAPAN RAILWAY COMPANY」のロゴも入った。

「スーパーこまち」普通車指定席を利用した場合の運賃・料金も発表された。

東京駅および大宮駅から秋田新幹線各駅までの運賃・料金は、現行の「こまち」と比べて500円増しに。

東京〜秋田間は1万7,310円(大人・通常期)。

仙台駅から秋田新幹線各駅まで乗車した場合は運賃・料金が200円増しとなり、仙台〜秋田間は1万80円(大人・通常期)となる。