ペイジェントが”早期入金オプション”、決済額の振込業務が最短で5営業日後

写真拡大

ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)の子会社であるペイジェントは8日、同社の決済代行サービスの加盟店に対して、売上金の支払いを早期に行う有料サービス「早期入金オプション」の提供を開始した。

同サービスは、通常の入金では9〜10営業日かかる決済金額の振込業務を、最短で5営業日後に行うというもの。

毎月の締め日を最大4回まで設定できるため、加盟店の規模に合わせた運用が可能となる。

例えば、通常時(締め日末日)の支払いサイクルでは、当月分の売上代金の入金は翌月13日となるが、 同サービス(4回締め)を利用した場合は最初の入金が当月14日となり、約1カ月の早期入金が可能となるという。

このように入金サイクルが短縮されることで、加盟店は売上に対する資金繰りの確保を手元でより迅速に行えるようになるため、「従来以上に機動的かつ戦略的な店舗運営」(同社)を図ることができるとしている。

締め日は、ひと月当たり2回の場合は15日・末日、3回の場合は10日・20日・末日、4回の場合は7日・14日・21日・末日。

入金日は、締め日より5営業日だが、締め日が土日・祝日の場合は締め日より6営業日となる。

利用金額は、通常の決済手数料率に加え、オプション料率がかかる。

具体的な金額は、問い合わせの際に導入希望サイトについてヒアリングを行った上、提示するとのこと。

同社は今後も、電子商取引事業者および利用者が、「便利で安価で安心」なオンライン取引を利用できるような決済代行サービスの提供を目指すとしている。