日産、2〜4tクラスのトラック「NT450アトラス」を発表

写真拡大

日産自動車は8日、最大積載量2〜4tクラスのトラック「アトラスH43」をフルモデルチェンジし、2013年1月8日より「NT450アトラス」として発売すると発表した。

同車は、三菱ふそうトラック・バスより「キャンター」のOEM車両として供給される。

価格は、シングルキャブのキャビンにキャブ幅 / 高、ホイールベースが標準のDXグレードで437万9,550円。

同車は、デュアルクラッチを採用した機械式オートマチックトランスミッション「DUONIC」(デュオニック)、高効率燃焼と低燃費を両立させた新型3.0Lディーゼルエンジン「4P10」、排出ガスの後処理技術である「再生制御式DPF+尿素SCR」を搭載。

これにより、全モデルが「平成22年排出ガス規制」(ポスト新長期排出ガス規制)に適合し、さらに同規制値よりNOxとPMを同時に30%低減させることで、高い環境性能を実現している。

ディーゼルエンジン車のほかに、新開発の極薄型モーターと小型・軽量な高
性能リチウムイオンバッテリーを採用したハイブリッド車もラインアップ。

駆動方式は2WDと4WDがあり、4WDシステムは標準キャブ車にフルタイム4WD、ワイドキャブ車にはパートタイム4WDを各々に設定する。