三菱ふそう、積載1.5tクラスの新型小型トラック「キャンターガッツ」を発表

写真拡大

三菱ふそうトラック・バスは、積載量1.5tクラスの新型小型トラック「キャンターガッツ」を2013年1月15日に発売すると発表した。

同車は日産自動車から「アトラスF24」をベースにOEM車両として供給される。

価格は、最大積載量1.5tクラス(2WDシングルキャブ / 標準ボデー / フルスーパーロー / 扁平シングルタイヤ / 木製ボデー)で、310万9,050円。

同車は、インタークーラー付ディーゼルターボエンジン「ZD30DDTi」(排気量2.953L)を搭載し、コモンレール式高圧燃料噴射システムやクールドEGR、PM(粒子状物質)を効果的に低減するDPFを採用。

これにより、平成22年排出ガス規制(ポスト新長期規制)を達成するとともに、PMは基準値から30%低減。

2WD車では、全車が平成27年度重量車燃費基準を達成するとともに、九都県市指定低公害車「優」に認定が予定されている。

トランスミッションには、ツーペダルの6速AMT(機械式自動変速トランスミッション)および、OD付5速マニュアルトランスミッションを設定。

サスペンションは、フロントに操縦安定性の高いダブルウィッシュボーン式独立懸架サスペンション、リアは耐久性に優れたリーフリジッド式サスペンションを採用する。

ハイ・ロー切換付パートタイム4WD車やダブルキャブ車などの豊富な車種を展開し、荷台高さには超低床のフルスーパーロー仕様も設定されている。