愛知県の「豊橋カレーうどん」は1杯で2度楽しめる!?

写真拡大

日本人の大好きな「うどん」と「カレー」が合体した「カレーうどん」。

元祖・国民食コラボとすら言える神フードが、なぜか愛知県の東三河エリアで激アツ状態だという。

なぜ今、東三河でカレーうどんなのか?謎を探るべく、現地にて突撃取材を敢行した。

事前リサーチによると、そのカレーうどん、どうも普通のカレーうどんではないらしい。

その名も「豊橋カレーうどん」。

まずは、実際に食べてみよう。

しかし、どうせ足を運ぶなら歴史を感じられる店がいい。

というワケで訪れたのは、老舗感がハンパない「勢川本店」。

それもそのはず、 創業は大正3年(1914)と1世紀近くの歴史を持つ正真正銘の名店だ。

こんな店で、まったく新しいうどんを食すというギャップ感がまたいいではないか。

ガラガラと店に入ろうとすると、なんと玄関マットに「豊橋カレーうどん」のロゴが……。

なんだこの力の入れようは? 早速、「豊橋カレー うどん」をオーダーしてみた。

テーブルの脇に目をやると「豊橋カレーうどんの食べ方」なる小さな説明書きまで発見。

それを読んでみると、ん? ん? 「器の底に箸をさして混ぜないように。

楽しみが半減してしまう」だって。

一体どういうことだろう? 頭を悩ませていると、「豊橋カレーうどん」が さっそうと登場してきた。

んー、見た目は普通のカレーうどんだな。

変わったところといえば、うずらの卵が乗ってることくらいか。

適度にとろみのついたカレールゥは、至って正統派。

麺は自家製で、コシよりももっちり感を重視か。

心地良い辛さだけれど、個人的な好みで一味を少々……。

うん、普通にうまい。

イマ風ではなく、トラッドな部類に属するカレーうどんだ。

しかしそのうち、麺の奥から何かが姿を現してきた。

「ごごごごご飯だ!」。

思わず口に出してしまう驚き。

そうか、麺とご飯が2層構造になってるんだ。

「箸をさして混ぜない」という注意書きは、つまり、麺とご飯を混ぜるなという意味だったのだ。

まるで遺跡の発掘みたいだ。

それはともかく、麺はつるっと完食。

次は第2部、ご飯に突入だ。

しかもこのご飯、とろろご飯なので適度なとろみ感があり、カレールゥと違和感ないのが芸の細かいところ。

備え付けの福神漬けは、好みの量で。

ふー、満足。

最後の一滴まで残すことなく、ごちそうさま。

「もう2年半、この豊橋カレーうどんを出してますよ」と話してくれたのは、勢川本店の代表取締役、新美晴久さん。

もともとは豊橋のコンベンション協会が、「B級グルメで地域おこしを」と、市の製麺協会に新メニューの開発を持ちかけたのが始まりだという。

試作を繰り返し、2010年4月から市内40店舗のうどん店でスタートしたそうだ。

「普通のカレーうどんって、ルゥが残っちゃうでしょう。

でも、ご飯があれば雑炊にして完食できます。

2層構造はびっくり感もあるし、器は1つで済むから」と、新美さん。

なるほど。

豊橋市のうどん店は自家製麺率が100%だという。

だから、豊橋カレーうどんのルールの一つは「自家製麺であること」。

また、うずらの卵が乗っているのは、豊橋市が生産量日本一だから。

これが大きさといい味といい、箸休めにイイ感じだ。

このように、ユニークなパーツの1つひとつには、れっきとした意味があるのであった。

この「豊橋化カレーうどん」、メディアのウケも上々なようで、この店もテレビや雑誌など様々な媒体に登場している。

「秘密のケンミンSHOW」に出た時は、2時間待ちの大行列ができて大わらわだったとか……。

さすが全国放送。

そんなバブル期(?)を経て、豊橋カレーうどんはゆっくりと地元食として豊橋の地に浸透しているように見える。

実際、開始当初は40軒だった取扱店が、今は50店舗に広がっているそう。

「話題性よりも、地元にしっかり定着することが第一です」と、新美さんは堅実路線を強調する。

ちなみに、自家製麺ととろろご飯の2層構造や、うずらの卵を使うことなどのルールさえ守れば、いかようにもアレンジしていいという柔軟性も、豊橋カレーうどんならではの魅力だ。

「うちは比較的オーソドックスな味です。

うちで食べていただき、次にいろんなお店で個性豊かな味を楽しむ人が多いですね」と新美さん。

さり気ない老舗の余裕がニクいですわ。