マツダ、30.2km/Lの低燃費を実現した新型軽自動車「キャロル エコ」を発売

写真拡大

マツダは8日、新型軽自動車「キャロル エコ」を発売した。

「ECO-L」と「ECO-S」という2モデルを展開し、価格はECO-Lが90万5,500円、ECO-Sが100万5,500円。

同車は、軽自動車「キャロル」の好評点はそのままに、ガソリン車トップクラスの低燃費である30.2km/L(JC08モード走行燃費)を達成した新機種。

既存モデルと比較した場合、7.6km/L(約34%)の燃費改善となり、エコカー減税では免税対象車となる。

動力性能と環境性能を高い次元で両立したという新世代エンジンを採用し、摩擦抵抗を低減するために副変速機構付CVTの改良を行うなど、パワートレイン全体で燃費性能を向上させている。

停車時や停車直前の減速時(9km/h以下)からエンジンを停止し、燃費の改善に貢献する「アイドリングストップシステム」も装備した。

そのほか、リアコンビランプ、ハイマウントストップランプをLEDへ変更、燃料ポンプシステムの改良により省電力化、サスペンションパーツ、ドライブシャフト、フルホイールキャップなどの軽量化、軽量かつ空力特性の優れたフロントバンパーの採用などが行われている。

660cc DOHC VVTエンジンと副変速機構付CVTを搭載し、駆動方式は2WD(FF)を採用。

乗車定員は4名。