東京都赤坂サカスにて、100種類のボルドーワインが試飲できるイベント開催

写真拡大

11月8日から3日間、ワインのテイスティングイベント「ボルドーワイン収穫祭 in 赤坂サカス」を開催する。

場所は、東京都港区の「赤坂サカス」。

取材はボルドーワイン収穫祭2012実行委員会、ボルドーワイン委員会、フランス食品振興会。

同イベントは、日本ワイン会を代表する10名のテイスターが選出した2012年の「バリューボルドー」100本を試飲できる内容となっている。

バリューボルドー2012は、赤は2007年以降、白は2009年以降のヴィンテージで、価格帯は1,000円〜3,500円、国内で流通している約600本を対象に、様々な料理と好相性なデイリーワインとして選出されたボルドーワインとなっている。

10名のテイスターは、森覚氏(ホテル・ニューオータニ「トゥール・ダルジャン」ソムリエ)、元場章人氏(「田崎真也ワインサロン」支配人)、信国武洋氏(「ジョエル・ロブション」シェフソムリエ)らとなっている。

試飲スペース以外に、コミック「神の雫」原画展示コーナーや、ワインの販売コーナーも併設。

また、ロンドンオリンピックの競泳女子背泳ぎ100m、女子400mメドレーリレー銅メダリストの寺川綾選手や「神の雫」作者である亜樹直氏らが登場するトークショーも行われる。

なお、寺川選手はボルドーワイン親善大使に就任している。

チケットは、前売り3,800円、当日4,500円。

フードプレート(アペタイザー)とワイングラス付き。

各日4部制となっている(一部11:30〜13:30、二部14:00〜16:00、三部16:30〜18:30、四部19:00〜21:00)。

チケットの購入は赤坂サカスオフィシャルサイトから可能。