「ブラウン オーラルB 歯垢除去チャレンジin丸の内」の様子

写真拡大

プロテニス選手の松岡修造さんが、ビジネスマン100人を相手にコーチする声が響き渡る。といっても指導するのはテニスではなく、歯のブラッシングだ。オーラルケアの大切さを語り、「歯が変わるというより、心が変わると思います!」と白い歯を覗かせた。松岡さんが登場したのは、小型家電ブランドのブラウンが11月8日の「いい歯の日」に先駆けて2012年11月6日に都内で開催した製品体験会「ブラウン オーラルB 歯垢除去チャレンジin丸の内」だ。

ビジネスマン100人が「ブラウン オーラルB」で挑戦

松岡さんの熱血コーチングのもと口腔トラブルが気になるビジネスマン100人が、「ブラウン オーラルB デンタプライド5000」を使って歯垢除去に挑戦した。参加者からは「何故、丸型の電動歯ブラシが良いのか分かった」「丸型のブラシが歯の1本1本を包み込んでくれるのを実感した」「いつもとは歯のツルツル感が全然違って、もう手磨きには戻れないと思った」などの声があがった。

電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」のCMキャラクターである松岡さんは、自身の体験をもとに普段からオーラルケアすることの大切さを参加者に呼びかけたほか、愛用している「オーラルB」について、「現役のころから使っています。数ある歯ブラシの中でも本気の出会い。虫歯が多かったけれど、オーラルBを使ってから虫歯もできなくなりました」と現役時代のエピソードも交えながら話した。

また、イベントの行われた11月6日に45歳の誕生日を迎えた松岡さんのために、会場からはサプライズ演出として、「歯」の形をした特製ケーキが用意された。男性100人から一斉に「おめでとう!」の言葉をもらった松岡さんは、驚きとうれしさのあまり、ケーキにかぶりついていた。

イベントの最後には、「ブラウン オーラルBを継続して使えば、歯と歯ぐきは良くなります!」と締めくくり、「ブラウン オーラルBなら歯垢除去率最大99.7%」と熱くメッセージを送った。