東京都・多摩動物公園で、希少な「キングチーター」の赤ちゃん誕生

写真拡大

都立動物園である多摩動物公園は、10月10日にチーター3頭が誕生したと発表。

そのうち2頭が、世界的に見ても珍しい「キングチーター」だと判明した。

今回「キングチーター」だと判明したのは、9歳のキキョウを母親、3歳のカンガを父親に生まれた3頭(オス2頭とメス1頭)のうち、オス1頭とメス1頭。

そのうち、メス1頭は10月11日に死亡。

同園によると、死因は腎挫傷で、母親の下敷きになったものと思われるという。

現在、母親は落ち着いて赤ちゃんの世話をしており、残りの2頭は順調に育っている。

通常のチーターの体には独特の斑点模様があるが、「キングチーター」はその斑点がつながり、帯状となるのが特徴。

発見当初は別種とされていたが、遺伝的な研究によって両者は同種であると判明し、チーターの変異個体であることが明らかになった。

世界では、野生個体と飼育個体を合わせて数十頭ほどしかいないという報告もあるという。

なお、同園では昨年も、別の両親からキングチーターが誕生。

現在日本国内でキングチーターを飼育しているの同園だけとのこと。