東京都台東区にある猫だらけの街・谷中ぶらり散歩レポート

写真拡大

東京は猫の聖地・谷中。

細い路地にはいつも猫たちの姿があります。

古くからの寺町である谷中は猫の街としても有名。

駄菓子屋さんやお総菜屋さんなど、昔ながらの商店が懐かしい面影を残す一方で、アートな雑貨屋さんや作家さんの個人ショップも数多いアートな街です。

紅葉色づく秋を迎えた谷中で、芸術に食欲に、そして猫にふれて過ごすお散歩に出掛けてみました。

JR日暮里駅を降りると、猫の街である谷中の風景が広がっています。

陽光あたたかな休日。

秋の日差しに誘われて顔を出したハチワレの猫と、黒猫に早速出会います。

猫たちも日なたぼっこをして過ごしていました。

少しだけおなかをなでさせてもらうと、とても柔らかくて温かな感触でした。

猫たちと遊んでいたら、すっかりおなかが減ってしまいました。

訪れたのは、昨年のオープンから人気を呼んでいる谷中のパン屋「Bonjour mojo2」。

昼の間だけ歩行者天国になっている道を進むと、サッカーを楽しむ子どもたちの姿が目につきます。

その通りから少し細い路地に入ると、対面販売のパン屋さんが。

「こんにちは」とごあいさつすると、お店の人が出てきてくれました。

注文したのは猫のさつまいもパン(160円)。

さつまいものあんがたっぷりで食べごたえ十分。

ほどよい甘みがパン生地とよく合います。

うさぎのクリームパン(160円)は耳の部分がカリッとしていて香ばしく、顔の部分はふんわりとした食感です。

谷中のぶらり旅で、小腹が空いたら訪れてみてはいかがでしょうか。

■店舗情報店名:Bonjour mojo2 (ボンジュールモジョモジョ)場所:東京都文京区根津2-33-2 営業時間:9:00から売り切れまで。

月曜・第2、第4火曜休。

不定休。

腹ごしらえを済ませ、次はギャラリーを訪れました。

訪れたのはその名も「ギャラリー猫町」。

猫専門のアートギャラリーです。

石造りの階段の入口で迎えてくれたのは、造形作家小澤康麿氏の作品である真っ白な等身大の猫オブジェ。

少し長めの階段をのぼっていくと、赤く葉を染めた葉の間から陽光が差してきます。

一軒家のギャラリーには靴を脱いで上がります。

2階には展示スペースとして開放されている畳のお部屋があり、のんびり作品を楽しむことができます。

この日は、漫画家である「ますむらひろし」氏の作品展「ATAGOAL×HOKUSAI 2013」が開催されていました。

展示会は11月11日まで行われるとのこと。

同展示会は、ますむら氏が葛飾北斎の絵画を独自にアレンジした作品を楽しむことができる原画展。

アレンジされた作品の中には猫が数多く登場しており、その柔らかで繊細なタッチをお楽しみいただけます。

11月10日にはますむら氏のサイン会を開催。

「2013年カレンダー」または「手ぬぐい」をお買い求めの方が対象で、時間は14:00〜15:00とのこと。

同ギャラリーでは、猫に関する企画展が随時開催されています。

休日に、猫の作品で心を癒やしたい方におすすめの場所です。

■店舗情報店名:ギャラリー猫町場所:東京都台東区谷中2-6-24営業時間:11:00から18:00、月〜水曜休。

絵画で猫を楽しんでいたら、やはり本物の猫も恋しくなってしまいました。

谷中にあるカフェ「ねんねこ家」に向かいます。

猫たちが店内でのんびり暮らしているお店です。

谷中にある霊園へと続く坂道は、少し勾配のある上り坂。

その坂の途中に、ユニークな猫グッズが並ぶお店があります。

古い民家風のたたずまいの「ねんねこ家」は、1階は畳、2階はバリ風の内装です。

冬にはこたつの並ぶ1階のお部屋には、アンティークの猫作品や、アートなオブジェが空間を彩ります。

店内に入り、ロールケーキセットを注文しました。