栃木県のとちぎ秋まつりは山車が向かい合って競う「ぶっつけ」で盛り上がる

写真拡大

栃木県栃木市で2年に一度の「とちぎ秋まつり」が開催される。

開催日時は11月9日(金)、10日(土)、11日(日)の3日間。

「とちぎ秋まつり」は明治7年に栃木県庁で行われた神武祭典で2台の山車を参加させたのが始まりと言われ、その後山車への関心が高まり、現在では10台以上の山車が参加するにぎやかな祭りとなっている。

山車の特徴は、数々の彫刻が華やかにほどこされ、最上部に人形が配置されている点にある。

さらに車輪から人形の最上部まで高さは約7mにもおよぶ。

最上部の人形は三国志や日本神話、故事・伝承に登場したもの、歴史上の人物、さらには雄獅子・雌獅子など多彩。

9日(金)の「前まつり」のメインは、市内各地域の小学生による山車曳き「こども山車まつり」。

10日(土)、11日(日)の本まつりでは豪華絢爛(けんらん)な山車の巡行が行われる。

祭りのみどころは、「ぶっつけ」だ。

巡行する山車同士が向かい合った際、太鼓と笛、掛け声で競り合い、おはやしの調子がくずれた方が負けとなり道を譲るルールとなっている。

さらに巡行は夜も続けられ、ライトアップされた山車の「ぶっつけ」を見ることができる。

そのほか、10日(土)に行われる「かっぽれパレード」もみどころの一つだ。

そのほか催し物として、小江戸ひろばで「菊花大会」、足利銀行南側店舗で「秋季銘品 盆栽展」、巴波川では「舟行」が催される。

栃っ子広場では「小江戸茶屋」、蔵の街第三駐車場で「蔵の街茶屋」、とちぎ山車会館前広場で「栃っ子茶屋」、住吉屋駐車場では「B級グルメオールスターフェスティバル」が行われる。

さらに蔵の街第一駐車場にて「栃木市PRブース」や「栃木市の産業と物産展」が開催されるほか、神明宮で「お神楽」、うずま公園・瀬戸河原公園では「和太鼓」、栃木駅前・万町蔵の街広場で「おはやし」などの伝統芸能も披露される。

催し物は開催日により異なる場合があるので注意。

イベント詳細はとちぎ秋まつりホームページで確認を。