住所不明の人にカードを郵送できる! ポストカード1円キャンペーン実施

写真拡大

ダイレクトメディアの提供などを行っているJPメディアダイレクトは、同社が運営する、ソーシャルメディア上の「住所がわからない人」にカードを郵送できるサービス「ポストマン」で11,111枚限定の1円キャンペーンを11月11日に実施する。

対象の商品は、ポストカード、お年玉つき年賀はがき全種類(カードセット、シングルカード、二つ折りカードは除く)。

11日の0時から23時59分までの注文(送付申請、または決済)が対象となる。

同サービスの利用方法は、まず使用するカードを選び、写真や言葉を挿入してカードをデザインする。

FacebookやTwitterの送りたい相手に送付申請を行い、相手の承認が得られたら料金(カードの代金+送料)を支払う。

事務局から投函(とうかん)後、国内では2日から5日程度、海外は1週間から2週間程度で相手にカードが届く。

なお、住所の入力は、Facebookなどを通じて「カードを送られる側」が行うため、送り手は住所がわからない友人・知人にも郵送することができ、受け手は相手に住所を知られることなく受けとることができる。

住所を直接入力して送ることや、スマートフォンアプリを使用している人は、連絡帳に登録してある相手に送ることも可能。

事務局から投函(とうかん)後、国内では2日から5日程度、海外は1週間から2週間程度で相手にカードが届くとのこと。

なお、住所を直接入力して送ることや、スマートフォンアプリを使用している人は、連絡帳に登録してある相手に送ることも可能となっている。