今まで一番貧乏だったときのエピソードは?




給料日前の金欠で大ピンチ!なんてことは、誰にでも1回はあるもの。筆者は財布の中に現金がなく、コンビニでためたショッピングポイントだけで数日間生きていたという苦い経験があります。マイナビニュース会員にアンケートし、「今まで一番貧乏だったときのエピソード」について聞きました。



調査期間:2012/8/28〜2012/8/30

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)





■「18歳のころ。ほとんど制服で過ごしていた」(33歳/女性)

私服が買えなかったということでしょうか。高校の制服が着られない年齢になった今なら、良い思い出かも。



■「朝イチの王将でテイクアウトの餃子ひとつ(6個入り)を買って、それが朝・昼・晩飯でした」(37歳/男性)

いくら餃子が美味しくても、一日中では飽きそう。食生活の偏りには気をつけてほしいところです。



■「パンの耳で生活していた19歳」(40歳/男性)

こちらも、ひもじい系のエピソード。餃子3食が豪華に思えてきました。



■「22歳のころは、財布の中は2円しかないとか、よくある話だった。おやつが食べたくて周りに頭を下げていた」(25歳/女性)

頭を下げられたら、おやつくらいならあげてしまいそう。



■「献血でもらったクオカードと図書券をチケットショップで換金していた。18歳のときです」(35歳/女性)

人の役に立って、貧乏も乗り切れるなら一石二鳥?





■「銭湯代280円しか残っていなかった。銭湯に行けないときは、台所の湯を沸かし、ホットタオルを作って体を清浄。冷蔵庫は、野菜の残りとみそだけ。でも、何とかなります」(44歳/女性)

これは頼もしい意見。「何とかなる」と言われると、本当に何とかなりそうだから不思議です。



■「今、無職で財布に小銭しか入っていない。缶ジュースも買うのをちゅうちょする」(24歳/女性)

無事にお仕事が見つかることを祈っています。



■「16歳のとき、ダウンジャケットが買えないのでペラペラのアウターの下に何枚も重ねてシャツを着ていた」(28歳/女性)

お金はなくても、温かな格好をしたいもの。28歳になった今は、ダウンジャケットで防寒していることでしょう。



■「就職活動で筆記試験合格、一次面接落ちを繰り返したため、電車賃がべらぼうにかかった」(30歳/女性)

就職難のご時世。同じようなことを経験した人も多いかも。



■「20歳のとき、外食代をうかすために男友達をハシゴした」(27歳/女性)

とてもおモテになる女性のようで……



全体的に学生のときや新入社員のときに貧乏を経験したというエピソードが多かったように思います。「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言いますが、いつかいい思い出になるように仕事を頑張りたいものですね!



(宮崎智之/プレスラボ)