漫画「静かなるドン」連載開始から24年で完結

漫画雑誌「週刊漫画サンデー」(実業之日本社)で連載されている、新田たつおさんの「静かなるドン」が、11月20日号の誌上で残り3回の掲載をもって最終話を迎えることを発表した。

【関連:カラス食べたことありますか?リアル猟師が描く猟師漫画「山賊ダイアリー」】

 

「静かなるドン」は、1988年から連載開始。単行本は現在までに104巻が出版され、累計発行部数は4,400万部を超える。

1994年には日本テレビ系列で、当時お笑いコンビ「ABブラザーズ」を解散したばかりの中山秀征さん主演でテレビドラマ化もされ、主題歌の桑田佳祐さん「祭りのあと」と併せて人気を集めた。
実写版では他にも、香川照之さん主演のビデオ版や映画版、そして袴田吉彦さん主演の映画版などあり、様々な俳優が主役の「近藤静也」を演じている。
ちなみに実写ファンの間では香川版静也が一番人気が高い。

「静かなるドン」最終話は、2012年12月発売の週刊漫画サンデー1月8日号に掲載される。