名古屋にも羽ばたく、岐阜県名物の「鶏ちゃん」のルーツはジンギスカン!?

写真拡大

岐阜県をドライブしていると頻繁に見かける、料理名を記載した看板がある。

それが「鶏ちゃん」だ。

「とりちゃん」ではなく「けいちゃん」と読む。

名前から分かるとおり、鶏肉料理。

味付けされた鶏肉をたっぷりの野菜と一緒に炒めている。

近年ちょっとしたブームになっていて、岐阜はもちろん東海エリア全体に、じわじわ勢力を拡大している。

実はこの鶏ちゃん、ルーツはなんとジンギスカンなのだそうだ。

大正時代の国策で「羊毛を取るためにヒツジの肉を消費せよ!」という号令がかかり、誕生したのが北海道のジンギスカン。

ヒツジの肉を味付けして鍋で焼き上げる調理法は、その国策により全国に広まったのだが、岐阜ではいつの間にやらヒツジではなく、鶏肉を焼くようになったのだという。

筆者が鶏ちゃんに出合ったのは10年前のこと。

岐阜県の下呂(げろ)温泉に取材がてら立ち寄った居酒屋で勧められたのが「初・鶏ちゃん」だった。

寒い地方の田舎料理だけあって、味付けは濃い。

でも鶏肉だからくどくない。

何よりビールによく合う。

「こりゃうまい!」と、バクバク食した記憶がある。

それ以降、今までにいろんな店で鶏ちゃんを食べたけれど、味が店ごとに違うことも、鶏ちゃんの特徴のひとつのようだ。

岐阜県の古い家には昔ながらの自家製ダレが作り置きされている。

みそやしょう油、酒、にんにくなどを漬け込んだタレは万能で、いろりの鍋に具材とタレをぶち込み、文字通り家族で囲んで食べていた。

こういった食文化が、ジンギスカンと融合して出来上がったのが鶏ちゃんだ。

だから、味がバラバラなのは当たり前なのだ。

そんな家庭料理が戦後の高度成長期、安くておいしくてスタミナもつくと飲食店でも人気になり、広まっていった。

今ではレトルトも販売されているので一般家庭でも手軽に食べられる。

ちなみに鶏ちゃんには、大きく分けてしょう油、みそ、塩の3種類の味があるが、下呂ではしょう油味、郡上(ぐじょう)ではみそ味のものが多いそうだ。

そんなこんなで最近は、名古屋でも鶏ちゃんを提供する店が多くなっている。

じゃあ、名古屋の鶏ちゃんはどうなのよ。

と実際に食べてみた。

目をつけた店は、名古屋駅から徒歩圏にある「やきとり無双 とり満」。

鶏肉に九州さくら島どりの焼鳥を使っているのがウリの店で、当然ながら鶏ちゃんにもこの肉を使っている。

名古屋で味わう、飛騨(ひだ)と鹿児島のコラボレーション。

面白い。

グツグツ音をたてて鉄鍋で出された鶏ちゃんは、既にイイ感じで火が通り、野菜もくたくたになっている。

食材はひと口大に切られて、ぱくっと口に放り込みやすい。

んー、やっぱ味は濃厚だ。

気になるタレは自家製みそ仕上げらしいので郡上系なんだろうか? とはいえ相当いろんな味がブレンドされている。

それほど強烈にみそを主張する訳でもない。

地鶏ならではの動物系のコクと、野菜の甘いエキスがタレにしみ渡っている。

ポイントは脂がのった鶏皮とみた。

この脂が味に深みを与えている。

筆者はもっぱら下呂のしょう油派なんだけれど、こっち(みそ味)もアリだ。

うん。

ちなみに、もっぱらブームの鶏ちゃんだけに、最近は味付け鶏肉をトッピングした「鶏ちゃんうどん」、「鶏ちゃんランチパック」などのアレンジメニューも現れている。

アレンジはよいが、岐阜の素朴な郷土料理という原点は、守ってほしい。

10年前初めて食べた時の感動を忘れないためにもネ。

●information やきとり無双 とり満 名古屋市西区名駅2-19-4