【女性編】恋人の行為にうれしさを伝えるときに効果的だと思う方法ランキング


なんといっても笑顔に勝るものはなし!





大好きな彼氏が特別なことをしてくれたら、このうれしさをいつもよりいっぱい伝えたい! そう思う女子は多いはず。そこで、恋人の行為にうれしさを伝えるときに効果的だと思う方法について、マイナビ会員の女性573名に聞いてみました。方法はいくつ知っていても無駄にならないはず。ぜひみんなでシェアしましょう。





Q.恋人の行為にうれしさを伝えるときに効果的だと思う方法を教えてください(複数回答)

1位 「ありがとう」と笑顔で伝える 65.3%

2位 抱きつく 48.5%

3位 キスする 20.8%

4位 その日はとにかくご機嫌でいる 16.6%

5位 メールや電話でもう一度言及する 16.1%







■「ありがとう」と笑顔で伝える

・「『ありがとう』という言葉と笑顔は何よりも伝わると思う」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「うれしい気持ちをうまく笑顔にできないので、そのときはずっと笑顔でいたい」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「その場で感謝を伝えるのが一番わかりやすい」(29歳/アパレル・繊維/技術職)





■抱きつく

・「恋人の特権だし、気持ちが伝わると思う」(26歳/機械・精密機器/営業職)

・「効果的かはわからないが、自分はやってしまうので」(23歳/マスコミ・広告/マスコミ・広告)

・「お礼&抱きつく! これで十分伝えられます」(24歳/団体・公益法人・官公庁)





■キスする

・「恋人にしかキスはできないから」(22歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「気持ちは伝えないと!」(26歳/電機/営業職)

・「感情は素直に表現することが一番だと思うから」(25歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)





■その日はとにかくご機嫌でいる

・「機嫌で伝えるほうが伝わりやすいから」(23歳/その他/事務系専門職)

・「一緒にいて楽しいと思ってもらえるよう、笑顔でいる」(24歳/金融・証券/営業職)

・「特別なことをするよりいい」(27歳/金融・証券/専門職)





■メールや電話でもう一度言及する

・「何度もそのことに言及したら、気持ちが伝わると思うから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「本当にうれしかったのなら、思いを何度も伝えるべき」(27歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「二度は伝える」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)





■番外編:うれしさを形にして表現するのも効果的!

・手紙を書く「最近はあまり書かないので、前に手紙を書いたらすごく喜ばれた」(30歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・相手の好きな料理を作る「感謝の気持ちを伝える方法としては良いと思います」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・数日後にもう一度そのことを話題にする「現実味が増す」(35歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)





総評

圧倒的な得票で1位になったのは、「『ありがとう』と笑顔で伝える」でした。ほかの方法を併用するとしても、これは絶対にはずしてはならない表現方法と言えるでしょう。男性は女性の笑顔に弱いもの。ここぞとばかりに笑顔をいっぱいみせてあげてくださいね。





続く2位には、「抱きつく」がランクイン。スキンシップが効果的だと考えている人が多いようです。半数近い女性に支持されたこの方法も見逃せません。3位は「キスする」。これは恋人同士ならではの感情表現ですね。





4位「その日はとにかくご機嫌でいる」、5位「メールや電話でもう一度言及する」は、うれしさが継続している時間が長いことをアピールする効果がありそう。せっかくうれしさが続いているのですから、そのことを上手に伝えたいですよね。





「うれしい」ということをしっかり伝えられれば、また同じことをしてくれるかも。あなたが好きなこと、心地よいことを、相手にどうぞしっかり伝えてくださいませ。そして、すてきな恋愛ができますように。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年9月19日〜2012年9月23日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性573名

調査方法:インターネットログイン式アンケート