食事の後におなかが膨らむのは正常?


いよいよ、食欲の秋が到来!おいしいものが多くて、ついつい食べ過ぎでしまうことも。

そんなとき、大きく膨らんだ自分のおなかにびっくり!あまりに膨らみ過ぎると、大丈夫なのか少々心配になりますよね。



健康な胃袋は、空っぽの状態からおよそ20倍も膨らむことができる、伸縮性を備えた臓器なんです。



ですから、食事をすれば胃はある程度膨らむもの。



胃は食べたものをためて消化し、順番に小腸へと送り出す働きがあります。その働きが弱ると、胃から小腸に送りづらくなり、胃に食べ物が残ってしまい膨らんだままになることもあります。



可能性としては機能性胃腸症、胃炎、逆流性食道炎なども考えられ、中でも最近増えているのが、機能性胃腸症です。



別名、食後愁訴症候群とも呼ばれていますが、主な自覚症状としては、いつも通りの食事量なのに食後に胃もたれがあったり、食べ始めの早い段階で飽満感を感じてそれ以上食べられなくなったりします。



少し前まで、この機能性胃腸症は「神経性胃炎」だと言われてきたこともあります。



だけど、最近では、食事開始時に食べ物に備えて胃が膨らむ「適応性弛緩(しかん)」や、消化したものを小腸に送り込むのが遅れる「排出遅延」など、消化管運動異常が原因ではないかとする見方も。



この症状を起こすひとには、もともと消化管の運動機能が弱いケースもありますが、おおむね腹筋が弱いことが指摘されています。



これはまだ医学的根拠は得られていない話だけれど、統計的に見て多いようです。



胃下垂のひとにも腹筋の弱い場合が多いと言われているので、あわせて考えれば、腹筋の力は大切だと言う事でしょう。



もし、胃が膨らむ以外に気になる症状があれば、早めに消化器科を受診してください。

(ビューティ&ダイエット編集部)