東京都経堂で、神津島&三宅島のグルメと島酒を味わう「経堂しまフェス」

写真拡大

東京都島しょ振興公社は11月17日・18日、東京都世田谷区経堂で神津(こうづ)島と三宅島の魅力を楽しめる「経堂しまフェス」を開催する。

「経堂しまフェス」第1回目は10月に開催。

世界自然遺産で有名な小笠原諸島と、青ヶ(あおが)島をテーマに盛り上がった。

2回目となる今回のテーマは「神津島と三宅島」。

テーマ食材は、「島地のり」・「赤イカの塩辛」(神津島)、「アシタバ」(三宅島)などで、経堂の飲食店10店でオリジナル料理を楽しめる。

17日はイベント「草川幸雄の、おもしろいクラシック『島』せんか?」を19時30分から開催。

クラシックつまみ付きで、1,500円。

18日は三宅島名物・さばうどんを食べる「三宅島のさばうどんを食べよう!」を19時から実施。

さばうどんは島で肉が手に入りづらく貴重品だった時代に、うどんの具材としてさばの水煮を使った料理だ。

      詳細は「経堂しまフェス」公式サイトで案内している。