福岡県の地元っ子が愛する激ウマもつ鍋店の味わいどころを一挙紹介!

写真拡大

福岡名物として今や全国的に人気の高いもつ鍋。

しかし、そもそもいつ頃からもつ鍋が福岡の郷土料理となったのだろう? 調べてみたところ、もつ鍋発祥については諸説いわれがあるが、昭和16年(1941)に博多の酒処「月川」で誕生した説が有力らしい。

ある日、同店に農家の客が来店。

牛の内臓を持ちこんで、「これを酒の肴にしてくれないか」というので、匂いを処理するためにカツオや昆布などでとったダシにしょうゆやみそで味付け。

さらにニラやニンニク、キャベツを加えたことで、博多独自の鍋が誕生したのだとか。

ちなみに、好みに応じて唐辛子を加え、最後にチャンポン玉を投入して〆るこの鍋を、作家の故・壇一雄氏が絶賛した記録が残っているそう。

以来、地元の人々に長く愛されてきたもつ鍋。

おいしいだけでなく栄養価も高くスタミナ補給にも優れているためか、今では、専門店はいうに及ばず、福岡市内の多くの居酒屋で定番メニューとなっている。

もちろん、観光客にも高い人気を誇り、最近では京風白みそ仕立てや塩スープ、トマト味などバリエーションも増えている。

そんな中、地元っ子はどんなもつ鍋を好んで食べているのか。

人気店を探ってみた。

「人気店」ということで探すと、地元の人から必ず名前が挙がるのが「牛もつ鍋おおいし」。

スープは、しょうゆ味、みそ味、しゃぶ味の3つがあり、みそ味が最も人気が高い。

コクのある白みそベースのスープは、4種のみそを独自の割合で配合して作られている。

そこにモツや野菜の甘みが加わることで生み出される濃厚な味わいに、誰しもリピーターになること必至。

好みでゴマをたっぷりかけると香ばしさが増してさらにうまい。

ちなみに「しゃぶ味」とはなにかというと、その名の通り「もつ鍋のしゃぶしゃぶ版」と説明すると想像がつくだろう。

しょうゆベースのスープで煮込んだもつと野菜を酢じょうゆで食べるこちらの鍋は、あっさりした味わいが特徴で、女性や年配の人に人気が高い。

もつは小腸や大腸、ハツ、センマイなどを使うが、強火で一気に炊き上げてテーブルに運ぶため、プリプリの弾力が楽しめる。

次におすすめしたいのは、西中洲に本店を構え、東京にも出店している「もつ鍋笑楽(しょうらく)」。

福岡でもつ鍋がはやり出した頃から営業を開始した同店は、当時からずっと地元の人々に愛されている。

スープはしょうゆ、みそ、塩味があるが、オーソドックさで選ぶならしょうゆ味だろう。

鶏をまるごと使って取る濃いめのダシに、薄口じょうゆで味付けをしたシンプルなスープは、もつや野菜を煮込むほどに甘みとコクが増していく。

もつは丸腸や小腸、ミノなど。

野菜には定番のキャベツやニラのほかにゴボウが入っていて、独特の歯ごたえが楽しめる。

小さな店ながら地元サラリーマンに絶大な支持を受けているのが「味鍋味味(あじなべみんみん)」。

こちらも福岡でもつ鍋ブームをつくった老舗のひとつだ。

昨今は、丸腸をメインにしたもつ鍋が多いが、この店はミノやハツなど7種類を使っているのが特徴。

しかも部位ごとに仕入れ先が違うというこだわりようだ。

また、あっさりしたしょうゆ味のスープに、大量のニラとキャベツが入るという昔ながらのスタイルを守っている点にも好感が持てる。

7種類のもつが生み出す歯ごたえと奥深い味を堪能できる店だ。

ちなみに、好みで豆腐やゴボウを別注文できるので、味の変化を楽しみたいという人はお試しあれ。

●information 味鍋味味 福岡市中央区大名2-2-57-1Fもう一軒、もつ鍋ブームの立役者的老舗が博多区に店を構える「もつ幸(もつこう)」だ。

鶏ガラベースのスープで炊き上げたもつを、特製の酢じょうゆで食べる水炊き風の鍋で、一人で二人前、三人前と平らげるお客も多い。

もつは小腸のほか赤センマイやハツなど4種類の部位が入る。

こちらの鍋は、ギョーザの皮を入れるのが特徴で、これがやがてトロリとした食感を生み出して、とても美味に。

スタッフがタイミングを見計らって食べごろを教えてくれるので、もつ鍋初心者でも火の通り具合に悩むことなくおいしいもつ鍋を楽しむことができる。

丸腸へのこだわりで人気が高いのが、「博多発祥もつ鍋 良之助(よのすけ)」。

肉の卸店直営だけに、もつの質は高い。

数種類のダシを合わせたしょうゆベースのスープが丸腸の脂と絶妙に絡み、濃厚でパンチのある味を生んでいる。

福岡市の中心部から離れた東区にあるが、一度は訪ねてみたい。

ただし、完全予約制(当日の予約も可)。

で、週末は予約が取れにくいかもしれない。

さて、もつ鍋のお楽しみといえば、残ったスープで作る締めのおじややチャンポン。

おいしく楽しむためには、うまみが凝縮されたスープはできるだけ残しておきたい。

ごはんや麺を投入したら、焦げつかないようかき混ぜ、スープをじっくり含ませて召し上がれ♪