家計負担がアップ! 10/1から導入された新しい税金『環境税』知ってますか?

写真拡大

10月1日から新しい税金が導入されたのを知っていますか?税金の名前は「地球温暖化対策のための税」。

一般的には「環境税」と呼ばれていて、石油・天然ガス・石炭など、すべての化石燃料のCO2排出量に応じて税金を課すというものです。

消費税増税ほどのインパクトはありませんが、環境税によって家計の負担がアップするというのですから気になります。

大気中のCO2が増えると気温が上昇して地球が温暖化するということは、今や常識ですよね。

温暖化が進むと、異常気象が起こったり、南極や北極の氷が溶けて海面が上昇したりして、人間の暮らしを脅かすほか、温暖化による環境変化で動物や植物が絶滅することもあります。

そのため、温暖化対策は全世界にとって重要な課題です。

環境税は温暖化対策のひとつとして導入されました。

CO2は、特に化石燃料によって多く排出されるため、それに課税することでCO2排出量を抑えるのが目的です。

また、環境税として納められた税金は、省エネルギー対策、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及、化石燃料のクリーン化・効率化など、温暖化を防ぐさまざまな対策に使われることになっています。

環境税の税率は、化石燃料ごとに、CO2排出量1トンあたり289円になるように設定されています。

また、税金の負担が急激にアップするのを避けるために、最初は2012年10月、次は2014年4月、そして2016年4月と、段階的に税率が引き上げられていきます。

といっても、環境税を負担するのは、化石燃料を海外から輸入している企業や国内で採掘している企業。

個人に対して直接課税されることはありませんが、電力会社、ガス会社、石油元売り会社などが増税分を料金や価格に上乗せすることで、間接的に負担することになるわけです。

では、家庭が負担する金額はいくらくらいなのでしょうか。

環境省の試算によると、平均的な世帯で月100円程度、年間で約1200円となっています。

これは、3段階に分けた税率アップ後の金額なので、2013年3月までは月30円程度となります。

またこれは、電気料金などに増税分がすべて上乗せされたとして計算したもので、実際に全額が料金に反映されるかどうかはわかりません。

化石燃料を工場で大量に使う鉄鋼会社や化学会社などには大きな負担となるので、それが製品価格に上乗せされれば、消費者価格にも影響を及ぼします。

環境省は、環境税で家計への負担が増すので、ライフスタイルを見直してエコな生活を実践するよう呼びかけています。

例えば、冷房の温度を1℃上げ、暖房の温度を1℃下げると年間1800円の節約ジャーの保温を止めると年間1900円の節約1日5分間のアイドリングストップで年間1900円の節約など。

特に今、稼働を停止している原子力発電を火力発電が補っていて、これまでよりCO2排出量が増えているので、環境税がなくても、身近なところからCO2削減に取り組む必要があります。