60代以上のキャンピングカーユーザーが急速に増加 -日本RV協会調べ

写真拡大

一般社団法人日本RV協会は5日、ここ数年の「キャンピングカー白書」データを分析した「キャンピングカー ユーザーニーズの変化」に関する調査報告を発表した。

「キャンピングカーユーザーの年齢構成」を調査したところ、この3年で60代以上のユーザーが増加していた。

対して50代以下のユーザーはあきらかに減少していた。

この結果について同協会では、「団塊世代の年金受給開始により、”旅行”と”経済的に運用できる自動車”への関心が、その両方を具現化する”キャンピングカー”に現れた」と分析している。

「キャンピングカーで旅行をする際の同伴者」を調査したところ、「夫婦2人」が1位となり、2012年のデータでは56.9%に達した。

対して「家族」は年々減り続け、2012年のデータでは35.4%となった。

「キャンピングカーの購入金額」を調査したところ、400万円台、500万円台が多かった。

また、2012年になって1,000万円台以上のキャンピングカー需要も伸びてきていることが分かった。

その他詳細内容は「日本RV協会 協会ニュース」で閲覧できる。

なお、11月10日〜11日には、東京都江東区青海のフジテレビ湾岸スタジオ隣で「お台場キャンピングカーフェア=秋のお台場大商談会」が開催される。

開催時間は9時30分〜16時30分。

入場料は高校生以上700円、小中学生300円。

詳細は「お台場キャンピングカーフェア 公式ページ」へ。