三重県が誇る日本三大和牛の一つ「松阪牛」を試食! 「松阪牛まつり」開催

写真拡大

三重県松阪市で日本三大和牛の一つ、松阪牛の魅力を伝える「第63回松阪肉牛共進会 松阪牛まつり」が開催される。

開催日時は11月25日(日)10:00から。

会場は松阪農業公園ベルファーム。

イベントは、松阪牛および松阪の特産品の魅力を来場者に楽しんでもらうほか、畜産農家が手塩にかけて育てた松阪牛の品評会を行うもの。

内容を紹介すると、「松阪牛と松阪茶のコラボレーション企画」と題して、相可高校食物調理科による「松阪牛」と「松阪茶」を使用したお弁当を販売するほか、市茶業組合による地元産「松阪茶」のおいしい淹(い)れ方を学ぶコーナー、松阪モウモウ体操で体を動かすコーナーもある。

さらに「焼肉コーナー、松阪牛生産地域特産品横丁」では七輪を使った焼肉コーナーや松阪牛生産地域の特産品の販売が行われる。

注目は10:00からの「松阪肉のすき焼き大試食会」。

料金無料。

2,000食が用意され、無くなり次第終了となる。

「松阪肉牛共進会審査」では、50頭もの松阪牛が勢ぞろいする。

体形や毛並みなどを入念に審査して女王(優秀賞)を決定。

表彰ののち、せり市が開催される。

その後、毎年恒例の「もちまき」で祭りはフィナーレを迎える。

ちなみに、松阪牛ブランドは「子を産んでいない雌の黒毛和牛」が条件の一つなので、出品される牛はすべて雌牛となる。

そのほか、第65回関西茶業振興大会関連イベントとして、関西茶品評会へ出品された約600点のお茶や茶業関連機資材の展示が行われる。

イベント詳細は松阪市ホームページで確認を。